Ber.jpg

EOS-1Ds 一覧

今までは、初代 EOS-1Ds にて撮影した風景写真を処理し、その過程の中から現像ソフトの評価をしてきました。しかし、EOS-1Ds Mark III の現像処理を多くこなすようになり、これまでの評価に大きな間違いがあることに気づいたので、これまでのコメントに対しての訂正と新たな評価をしたいと思います。

結論を先に言いますと、Lightroom と Capture One Pro において、初代 EOS-1Ds のRAW データを現像すると、コントラストや色合いなど、かなり違う感じの画像が出来上がっていましたが、EOS-1Ds Mark III においては、両ソフトの違いはわずかしかない・・・ということです。

 ■初代 EOS-1Ds で撮影した画像(左が Lightroom で右が Capture One Pro です)
 20110525_2.jpg

私が確認したところ、EOS 40D 以降のカメラではそのような問題は発生していないことがわかりました。あくまで、初代 EOS-1Ds のみの問題でした。ここにお詫びと訂正をしたいと思います。

続きを読む

久しぶりに DxO Optics Pro をインストールしてみました。

かれこれ2年前から何回かテストはしていましたが、最終的な色と操作性、スピードの面で採用しませんでした。しかし、今回使ってみてびっくりするほど良くなっていたので、簡単なインプレを書きたいと思います。

■DxO Optics Pro v6
 http://www.dxo.com/jp/photo

 DxO_OpticsPro6.jpg

続きを読む

いまさらですが、こんなタイトルをつけてみました。
EOS-1Ds はもともと「赤」が飽和しやすい機種でしたが、最近は DPP の性能向上や、ほかの RAW 現像ソフトも性能が上がったことにより、かなりの部分は改善されました。

しかし、ポジフィルムにこだわるわけではありませんが、なかなか私が納得できるような発色には至らないのが現状です。そこで、前回もお勧めした Photoshop プラグインの「Exposure 2」を使ったやり方や設定、そして具体的にどのような違いがあるのかを今日は説明したいと思います。

まずは、主な使い方や設定について説明したいと思います。

続きを読む

今現在、私が考えている RAW 現像ソフトの使い分け方について書きたいと思います。

■Canon EOS-1Ds

 風景の場合 → EOS Viewer Utility Ver1.2.1
            Photoshop CS (Camera Raw 2.4)

 人物の場合 → Capture ONE PRO 3.6
            Photoshop CS (Camera Raw 2.4)
            SILKYPIX 1.0.10.3

EOS-1Ds の場合、現像ソフトの選択肢はかなり広いと思います。それらの全てをテストしたわけではありませんが、使ってみてよかったソフトを基準にしています。

RAW 現像ソフトは、基本的にひとつに集約できるといいのですが、それぞれ良さと欠点があります。もちろんそれらの欠点を補う方法として、Photoshop を使う手もありますが、私が重点を置いている色と質感を短時間で処理することを考えると、RAW 現像ソフトを変えた方がぜんぜんスピーディにできるからです。

例えば人物を撮影し EVU で現像した場合、どうしても人肌に余裕がなくべたっとした感じになりやすい。それでも EVU で攻たい場合は、露出をドンピシャにしないとうまく色と質感を出せないと思います。

その点、Capture ONE PRO や Photoshop CS は簡単に色と質感が出ます。SILKYPIX もいいのですが、なにせ遅いのがいやで、いよいよ困ったときに試してみる感じです。でも、なぜ私がこのソフトをリストに入れているかといいますと、CMOS の弱点である日陰における人肌を出すときに SILKYPIX はいい色を出してくれるからです。

風景に関しては、私はフィルムのような記憶色が欲しいと思っていますが、今現在納得できる RAW 現像ソフトはありません(FinePix S3Pro は理想的です)。ただ、今年発売する IXY には、フィルムカラーといったモードが入るようなので、今後の EVU に期待します。ちなみに DPP は使い物になりません。

そうそう、FinePix S3Pro もそうなんですが、純正の現像ソフトってなぜかノイズが多いのは技術的な問題なのでしょうかね? まぁ、他のソフトはノイズフィルター処理が強いとも見てとれますけど。

いよいよ 11 月下旬に EOS-1Ds MarkII が発売されます。
価格はオープンですが 90 万円前後らしいです。

 ■ニュース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2004-09/pr-eos1dsmk2.html

 ■EOS-1Ds MarkII
  http://cweb.canon.jp/camera/eosd/1dsmk2/index.html

1DsMKII.jpg

私が気になるポイントとしては

 ・起動時間が 0.3 秒
 ・約 1670 万画素 35 mmフルサイズ CMOS センサー
 ・精細で自然な色再現処理を高速で行う DIGIC II 搭載
 ・約 4 コマ/秒・最大 3 2枚の連続撮影
 ・安定調光の E-TTL II 自動調光アルゴリズムを採用
 ・CF カードと SD メモリーカードスロット搭載
 ・ビデオ出力、IEEE 1394 など、充実のインターフェース
 ・無線LAN/有線LAN 画像転送機能対応

などがあげられます。

この中で、E-TTL II は大きな進歩だと思います。いままでストロボ撮影では被写体がアンダーになることが多く、正直、RAW で撮影しておかないと怖かったんですが、今回は「プリ発光により被写体を特定する「被写体特定・加重平均評価調光」の採用」によるアルゴリズムの見直しと新しいストロボ(まってました!)によりこれを改善したようです。

それと、私は RAW で撮って C1 PRO で現像するのであまり関係ないと思っていますが、 DIGIC II と新しい「Digital Photo Professional v1.5」に少し期待しています。まぁ、少なくとも Photoshop CS 完全対応になっていると思いますけどね。

あと、液晶が見やすくなっていると思われます。風景写真だと外での撮影になりますので、これが改善されているのはうれしい。また、起動時間が短いのもいい!! これって意外とストレスだったんですよね!

ただ画素が増えた分、いろんな意味で大変ですね。EOS-1Ds の RAW は約 11.4MB で、EOS-1Ds MarkII の RAW は約14.6MB なので 1.28 倍。CF の 1GB の場合、EOS-1Ds を約 80 枚とすると EOS-1Ds MarkII は約 64 枚となります。一応圧縮はされているようです。

それと今回から RAW データのフォーマットが「CR2」になるようです。今までのようなサムネイル表示ができなくなるそうです。これは残念です。

まぁ、どちらにせよ最低 2GB くらいの CF が必要ですね。一時よりは安くなりましたけど。4GB は容量が増えるとアクセスが遅くなるらしいので、こいつは考えていません。また、パソコンの処理能力も足りないし、バックアップも大変だし、ほんと仕事で使うのも大変だと思います。

で、今回この EOS-1Ds MarkII をどうするか…
私の今の考えは、最近のキヤノンは初期ロットでの不良が目立つので、少し安定してから購入したいと思っています。ただ、正直ものすごくほしい~って感じではないです。本当はこの冬にメインPCの入れ替え(ColorEdge CG21を購入するつもりだったが…)を予定していましたが、もう少し考えてみることにします。

最近気づいたことなんですが、Canon EOS-1Ds のファームを Ver.1.0.3 にアップしてから、マニュアルホワイトバランスの画像がきれいに現像されるようになりました。

以前だとかなり色がずれていて、わざわざ「太陽光」にセットしたり色温度の指定でカバーしていたのですが、ファームをアップしてからの画像についてはあまりいじらなくても色があっているようです。これは C1 PRO や DPP でも同様の現象がありました。

もしかすると、白点情報の書き込みが間違っていたのかも知れませんね。

CMOS クリーニングの結果

  • EOS-1Ds

本日無事 EOS-1Ds の CMOS クリーニングが出来上がってきました。
とはいっても、月曜日にカメラのキタムラさんでお願いして、木曜日にはお店に到着していたようです。
私が出張だったため、本日の受け取りとなりました。

で結果ですが、月曜日出荷で木曜日入荷ですので、中2日で仕上がってきました。
さらに、料金はゼロ円でした。素晴らしいの一言です!!

ちなみにニコンだと5千円かかるそうです。
ランニングコストを考えると、キヤノンはいいですね。

そういえば先日聞いた話なんですが、CMOS は人肌を出すのがかなり大変なんだと聞きしました。
コダックの 14n が結局のところあまり出ていないのは、そのあたりの問題があるようですね。
キヤノンはそういった意味ではぬきんでているようです。

でも、これが CCD だとそうでもないらしいんですよ。それと、先般「?」マークをつけたフジの S2PRO はこの人肌にこだわったカメラで、良くできているそうです。そうだとするとニコンの D100 とか D70 はデジタルフォト初心者にはお勧めのカメラかもしれませんね。

思い出してみれば、たしかに D30 や 1Ds は人肌がびしっと決まらなかったように思えます。
で、最終的に C1 PRO になったんですよね。まぁ、操作性などその他の要素もありましたけど。

キヤノンの DPP はかなりいい感じに仕上がりますが、C1 PRO と比較すると人肌がべたっとしてつくられた色に感じます(比較すると一目瞭然です)。もしかすると、キヤノンで人肌をびしっと決めるにはある程度の技術なり、知識が必要になるかも知れませんねぇ。

CMOSのクリーニング

  • EOS-1Ds

本日 EOS-1Ds を CMOS クリーニングに出しました。
実は購入後、一回もクリーニングをしていなかったのですよ(汗)
今までは、シャッターを開いてレンズ取り付け口を下に向けて、ブロワーでシューってやってました。
ごみが少ないうちはこれで取れたのですが、最近はしぶといやつ(笑)がいて、気になっていました。

私は新潟に住んでいるので、なかなか都心に住んでいる方のようにクリーニングができない状態なんですが、先日カメラのキタムラさんに遊びにいったとき、なにげなく

 「CMOS クリーニングって大変なんですよねぇ」

って聞いてみたら、

 「うちは、ボディをそのまま持ち込んでいただければ、梱包して CMOS クリーニングにだします」
 「しかも、保障期間に限らず全て無料です」

っていわれました。
キヤノンさん、すごいっす!!
カメラのキタムラさん、ありがとう。

といったわけで、面倒な梱包もなく CMOS クリーニングに出すことになりました。
ただ、本当はきちんと箱詰めして送るのがよいので、お勧めはいたしませんよ。

期間は2週間くらいといわれました。
まぁ、無料だから仕方ないけど、基本1週間で、長くても2週間くらいでないと微妙ですね。
今後は年に2回くらいは出したいですね。

このページの上部へ

プロフィール

2001年に EOS D30 でデジタル一眼レフデビュー。その後 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1Ds MKIII, EOS-1D X, EOS 5Ds R そして現在は FUJIFILM X-T2 をメインカメラとして「風景写真の色と質感」にこだわった研究をしています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_0549.JPG
  • DSCF1673.jpg
  • DSCF1463.jpg
  • DSCF1434.jpg
  • DSCF1308.jpg
  • DSCF1082.jpg
  • DSCF1031.jpg
  • DSCF0786.jpg

現在使用している機材

    ■カメラ

  • FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

  • ■レンズ

  • FUJINON XF10-24mmF4 R OIS

  • FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

  • FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

  • FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

  • FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

  • FUJINON TELECONVERTER XF1.4X TC WR

  • ■その他機材

  • GITZO GT3542L + ARCA-SWISSモノボールZ1+

  • HUSKY 三段

  • Manfrotto オートマチック一脚 334B

  • Kenko Zeta EX サーキュラーPL

  • Kenko Zeta ND8

  • Kenko PRO1D プロND16

  • Kenko ハーフND4 PRO

  • GretagMacbeth Eye-One Photo

  • ■ソフト

  • Adobe Photoshop CC

  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC

  • SILKYPIX Developer Studio Pro8

  • Canon Digital Photo Professional 4

  • ACDSee Photo Studio Ultimate 2018

Powered by Movable Type 6.3.6