Ber.jpg

FinePix S3Pro 一覧

少しずつですが、FinePix S3Pro の画像もたまってきました。そこで、いろんな現像ソフトを使って試しているのですが、いくつか感じていることを書きたいと思います。

試しているのは、純正の HS-V2、Capture ONE PRO、Photoshop CS(Camera Raw 2.4 ただし正式な対応ではない)の3本です。ちなみに SILKYPIX は FinePix S3Pro をサポートしていません。しかし、SILKYPIX は DNG 対応になったので、一旦 DNG に変換してから SILKYPIX で開けばうまく読めるかなぁ~って、淡い期待をこめてテストしてみましたが、エラーで読めませんでした。残念。

さて現像ソフトにはそれぞれ良さがあるのですが、ノイズに関しては純正の HS-V2 が一番悪い結果になりました。さすがに Capture ONE PRO や Photoshop CS はそのあたりがうまいです。

また、ポートレートや風景写真などの発色に関しては全般的に見ると HS-V2 は良い感じですが、ちょっと派手すぎ(ベルビアモード)。以外と色が出ないのは Capture ONE PRO ですね。まだコツをつかんでいないのかもしれませんが、他のソフトではそれほど苦労しなくても色が出ていることを考えると、ちょっと使いづらいかもしれません。

また、Photoshop CS は自然でいて発色も良く、仕事で使える品質です。FinePix S3Pro を使われる方は Photoshop CS の方をお勧めいたします。あっ、でもまだ正式に FinPix S3Pro をサポートしていないんだった…

これまで使ってみた感想として、FinePix S3Pro は Jpeg カメラだと思います。正直、RAWで撮影していると3カット目のシャッターが押せないことが多いし、現像ソフトは遅いし、これではストレスがたまりそうです。しかし、Jpeg で撮影すると、かなり軽快です。色もフジクロームモードやポートレートモードを使えば、ほぼ修正のいらない撮影が可能です。スタジオなど光源が決まっているものであれば、かなり楽に色をだせるんじゃないかなぁ。

まぁ、使い方の工夫が必要であることは間違いなさそうです。

ようやく FinePix S3Pro のコツがつかめてきました。

このカメラの持っている基本的な色はとっても良いのですが、かなり好条件でなければ、撮りっぱなしというわけにはいきませんね。私のスタイルとしては、RAWで撮影し、ハイパーユーティリティで現像する方法ですが、現像時に色温度が合わないと苦戦します。

いろいろと試してみたのですが、一番良い方法はグレイピッカーでグレーをとる方法です。これは夜景、ポートレート、風景(主に冬景色)の画像を現像してみて、間違いなく色を合わせることができました。そして、仕上げにトーンカーブでハイライトを少し持ち上げるとばっちりの画像になります。このトーンカーブは Photoshop でおこなうと楽にできます。

ちなみに、私はフィルムシミュレーションを使うのですが、夜景、風景は Velvia調で、ポートレートはスタジオポートレートEXで現像します。特にスタジオポートレートEXに関しては、人肌が滑らかになるのでお勧めです。人肌の色も良いですし、R画素の威力でハイライトが飛びません。ただし、ストロボ光用のためか、屋外での撮影では彩度がたりないので、若干彩度をあげると良いかもしれませんね。

あと気になった部分として、スタンダードの sRGB や AdobeRGB は風景ではいまいちです。色が不自然ですね。また、ポートレートに使った場合、全体に赤がのってきます。これを「味」とするならば良いと思います。このあたりはもう少し使いこんでみたいと思います。

最近のインターネットでは S3Pro に関する書き込みが増えてきましたが、ちょっと気になったことがあります。それはダイナミックレンジを勘違いしている人が多いことです。

白いコーヒーカップが写らないカメラは無いだろうって、ゆうじゃな~い!
でも、白い被写体が写らなかったら、それはカメラとして失格ですから~! 残念!!

ダイナミックレンジとは、インターネットで調べてみると「信号の再現能力を表す数値で、最小値と最大値の比率を dB 単位で表したもの」とあります。つまり、いままでデジタルで不得意とされていた輝度差の激しい被写体が以前より写るようになったということなんですよね。

今回私が撮影した、雪面と人の場合や、ストロボ光(内蔵)による人肌のテカリなんかにはかなり有効でした。

FinePix S3Pro その2

仕事との関係もあり、まだ満足に撮影ができていないんですけど、現在ベストな設定及び現像パラメーターのセッティングを調査しています。そこで、少しづつわかったことから書き込みをしたいと思います。

さて、だんだん S3Pro の実態がわかってきました。実際の画像はぱっと見た感じがすごくいいです。色や階調も良く出ています。まさにフィルムを思わせるような画像です。

しかし、詳細を良く見ると 600万画素相当の解像感しかなく、素材としては少々疑問が残ります。もっとも、EOS-1Ds と比較しちゃだめなんでしょうけど、データとしての質感は一般顧客向けカメラの領域です。ただ、ノイズは少ないし、トーンカーブをかけても粘り強いので、使い方を研究すれば仕事でも問題なく使えると思います。

私は、EOS-1Ds との入れ替えも考えていたのですが、正直微妙です。カメラ・レンズ・素材としての画像を考えると EOS-1Ds の方がはるかに高いレベルですが、色合いだけが良くありません。(C1 Pro を使ってもいま一歩及ばず)

その点 S3Pro のフジクロームやポートレートなどのフィルムシミュレーションは最高です。また、ポートレートモードでは、ストロボ撮影した人肌がしっとり写しだされることには感動しました(R画素との関係?)。この2つを考えるとこのカメラも捨てがたい...

う~ん、一長一短といったところですかね。

基本的な色空間は sRGB で、これを拡張するのがフィルムシミュレーションになります。AdobeRGB では、フィルムシミュレーションが使えません。これは少し残念です。モードを整理すると以下のようになります。

 1. スタンダード → sRGB と AdobeRGB
 2. フジクローム → sRGB
 3. ポートレート → sRGB

その中でも、ダイナミックレンジをいじれるのはスタンダードのみで、フィルム調の色合いでダイナミックレンジがいじれないのは残念。その他のパラメータも同様で、スタンダードのみ変更が可能となっています。

さらに、HS-V2 との違いは以下の通りです。

 1. スタンダードは同じ(と思う)
 2. ポートレート → スタジオポートレートEX
 3. フジクローム → Velvia調

また、カメラ側で設定する「フジクローム」や「ポートレート」を HS-V2 でいじることはできません。

スタジオポートレートEXは比較していませんが、フジクロームと Velvia調では若干違いがあります。まぁ、フジクロームにせよ、Velvia調にせよ、色に関してはまったくいじる必要がありません。画像によってグレーバランスを整えれば完璧です。(マニュアルWBにて対応予定)

その代わり、スタンダードによる色は他のメーカーと比べると見劣りしますね。そのため、スタンダードではいろいろとパラメーターをいじれるが色が良くないから、あと処理で苦労しそう。一長一短といった感じです。

それと、ちょっと気になったのは、フィルムシミュレーションのホワイトバランスです。グレイピッカー(グレーバランス)は良い感じになるのですが、色温度がうまく合わないですね。もう少し調査してみますが、もしそうだとするとフィルムシミュレーションは色が外れたら修正が大変ですね。

あとですね、面白いことに気づいたのですが、HS-V2 の「色空間/フィルムシミュレーション」の初期値は「sRGB」なんですが、カメラ側で「フジクローム」を選択しておくと、sRGB にもかかわらずフジクロームの色合いで保存されます。ただし、パラメーターをいじると元の「sRGB」の色合いに戻るのが残念。

まず、私が実験した印象として S3Pro の画像は基本的にS画素で構成されていますね。つまり実質 600万画素ということです。R画素はカメラの設定によりダイナミックレンジのみを補正しているといった印象です。

実際にダイナミックレンジを 100 → 400 とスライドさせても解像感はまったく変化はないし、その他のパラメーターもいろいろといじってみましたが、同様に変化はありませんでした。例えて言うならば、空が飛んでしまっていても、このダイナミックレンジで飛んでしまった部分が浮き出てくるといった感じにはなりますが、解像感に変化はないと言った感じです。

ダイナミックレンジをいじると副作用としてコントラストが弱くなり、メリハリがなくなります。あくまでもレタッチ前提といった印象を受けました。

また、1200万画素で現像すると木の枝や電線など線状のものにジャギーがでます。お勧めは 600万画素で現像し、Photoshop でリサイズする方法です。この方がぜんぜんきれいな画像になります。

それと、シャープネス設定なんですが、ハニカムCCDの特性なのか、あまり強くかけると不自然な画像になります。シャープネスをかけなくてもいいくらいですね。ちなみに Photoshop を使ってアンシャープマスクをかける場合は、量を 150~200%、半径を 0.3 ~ 0.5 pixel、しきい値を 0 で設定するといい感じになります。コツは強くかけすぎないことです。

ようやく FinePix S3Pro をゲットしました。昨日は充電して終わり、本日も動作確認程度しかできなかったのですが、まずは感想を書きたいと思います。

最初に S3Pro を手にして感じたことは、思ったより高級感があったことです。
ボディのあちこちにラバーが施されていて、滑り止めと質感をうまく作り出していると思います。
そして、以外とコンパクトでかっこいい!!

それと、レンズは Nikon 製にしました。
実は昔いろいろとあって Nikon のレンズはあまり信用していなかったんですよね。
あまり詳細に書くと問題になるので控えますが、えらく品質に問題がある時期がありました。
それ以来 Nikon とは決別していました(笑)。

しか~し、今日はその印象を払拭することになりましたよ。
今回購入したレンズは以下の2本です。

 ■AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mm F3.5~4.5G(IF)
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/dx/zoom/af-s_dx_ed_18-70mmf35-45g_if.htm

 ■AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/zoom/telephoto/af-s_vr_ed_70-200mmf28g_if.htm

特に AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)はよくできたレンズですね。以前問題だったコーティングも良くなっていますし、全体的にコンパクトだし。私はライトグレーを買ったのですが、レンズフードも傷がつきにくいアルマイト処理がほどこされ、しかもボディ同色です。そしてフードが不要に落ちないように、ロック機能がついています。

また、三脚座に2つ取り付け穴があるんですよね。これって親切な設計だと思います。Canon の EF 70-200mm F2.8L IS USM では、ハスキーの三脚にぶつかってしまうんですよねぇ。Nikon のように2つ穴があれば解決できるのになぁ。

それと、私は使わないと思いますが、フォーカスロックボタンもついています。なんか細かいことですが、よく研究してありますね。これじゃぁ Nikon のレポートになってしまいますね(笑)。まぁ、レンズはこれくらいにして本題です。

まず AF のスピードですが、思ったほど遅くは感じませんでした。ファインダーもまぁまぁ合格かな。フォーカスエリアが黒と赤で表示されるのは見やすくていい感じ。でも、比べちゃいけないんだけど、お店にあったミノルタのα-7のファインダーはすごく見やすかった。

グリップを握った感じも良かったんだけど、縦位置のシャッターボタンにあたってしまって、ロックしておかないと AF が動いてしまいますね(笑)

さて、重要な画像についてはもう少し撮影をしてから書き込みをしたいと思いますが、なかなかいい感じです。面白いのは、カメラで現像する場合と、ハイパーユーティリティ(HS-VS2)で現像する場合で色が違ってくることです。これは例えば「フジクローム」と「ベルビア調」のことです。カメラ側では「フジクローム」の設定で、ハイパーユーティリティ(HS-VS2)では「ベルビア調」となっています。もしかするとベルビア調って、演算に時間がかかるのかなぁ?

ちょっと気づいたのですが、フィルムモードを「STD」に設定し、シャープネスやトーンなどのパラメータをいじり、RAWで撮影すると、現像時に「撮影時の設定」により、ベルビア調でもいじることができそうです。

ただですね、この S3Pro は 1200万画素 といわれていますが、解像感は 600万画素相当しかありませんね。この点は期待するとがっくりします。本当は EOS-1Ds と置き換えも考えていましたが、この点だけは微妙ですね。

では、続きは後日に。

今回、どうしても待ちきれず S3Pro を探しました。
で、一台見つかったので、思わずキープしてもらいましたぁ!!
明日とりに行ってきま~す。

かなり安かったので、予定していたレンズも2本購入することにしました。
あ~、早く明日にならないかなぁ!!

この休みに早速持ち出してテスト撮影してみようかなと思います。
ただ、別件でお出かけするので、思うような撮影ができるかは疑問です...


FinePix S3Pro の写真です

トラックバックでお世話になっている PhotoXP さんのところで、S3Pro のすばらしい写真がありましたのでご紹介させていただきます。FinePix 以外のカメラもありますので、興味のある方はこちらへどうぞ↓

 ■FinePixデジカメ写真掲示板
  http://photoxp.daifukuya.com/exec/fujifilm/

 ■PhotoXP ホームページ
  http://www.daifukuya.com/photoxp/

私はまだカメラは入手していませんが、注文してよかったとこれを見て実感しました。
ちなみに写真のフレーム、いいですねぇ!いろいろと参考になります。

あははっ、ついに FinePix S3Pro を注文しちゃいました!!
img_s3pro.jpg

レンズはとりあえず Nikon AF-S ED 18-70mmF3.5-4.5G です。もちろん、ハイパーユーティリティソフト HS-V2 Ver.3.0 もです。ただ、納品まで一ヶ月以上かかるらしいです。あと、結果が良ければ Nikon AF-S VR ED 70-200mmF2.8G の購入も検討しようかと思っています。

今回の冒険(笑)は、以下のようなことを考えて決めました。

まず理由その1としては「フジクローム」モードや「ベルビア」モードです。これはデジタルカメラにしてからず~っと悩んできたことなのですが、デジタルカメラではどうも納得する色が出せなかったのです。特に桜ですね。(腕の問題もあるかも...)

やはり、あのベルビア調の色にあこがれます。
いくら C1 PRO でいくらがんばっても、伊達さんのサンプルのような発色にはできません。
もともと C1 PRO もポートレイト向きですから、しょうがないかもしれませんけどね。

キヤノンさんも人肌に関しては DIGIC II になればかなり改善されるようですが、それでもプロの目からは厳しい評価のようです↓

 ■西川和久さんのページより
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend/2004/12/10/558.html

その2はダイナミックレンジが広いことです。白とびしないこともそうですが、14bit の強みでシャドーがつぶれないことが上げられます。これはフィルムスキャナでもそうだったのですが、自然な画像にするためには最低 14bit は必要だと思います。もちろん 16bit の方がなお良しです。

で、しかも、コントラストの配分がうまいっすね。
i1 Photo で作成したプロファイルを使って PX-G900 からプリントしてみた画像は、本当に自然で、これを見たら他のカメラは使う気がしなくなるかも知れませんなぁ。このあたり、実機がきたら EOS-1Ds と比較してみたいと思います。

その3は低照度での発色です。これは西川さんのところに書いてあって、そうだよなぁって思ったのですが、CMOS系は低照度での発色に問題がありそうです。昨年撮った福島の福寿寺の桜は薄日での撮影でしたが、発色がいまいちでした。この日はフィルム(ベルビア)でも撮影してあるのですが、その差は歴然としていて、あの質感は出ないものとあきらめていました。

これも西川さんのページに書いてあったのですが、CCDは低輝度の条件に強いらしいのです。
この点もぜひ試してみたい... ↓

 ■西川和久さんのページより
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend/2004/11/05/395.html

ただ、直射日光や逆光ではいい感じになるので、やはり日陰の条件では発色がいまいちなんではないかと思ったしだいです。また、人物についても同様で、日陰での撮影は厳しいと感じていました。まぁ、きちんとレフを当てるなどすれば良いのでしょうけどね。

とまぁ、これら3点が大きな理由です。
私の勝手なまとめですが、低照度に強いCCD(ハニカムCCDはさらに強い?)で、しかも 14bit の情報量 + R画素 + 3D-LUT画像処理技術による広いダイナミックレンジ、そして発色をベルビア調でまとめることにより、いままで表現できなかった風景の微妙なニュアンスが撮れるのではないかなぁって思っています。

今から S3Pro で撮る来年の桜が楽しみです!!

FinePix S3Pro

最近、FinePix S3Pro が気になって仕方がありません。このカメラはファインダー視野率(上下93%、左右95%)と露出が 1/2 ステップであることを除くと、かなり良いカメラです。

まず、注目は CCD-RAW が 14bit なんですよね。EOS-1Ds は 12Bit です。
また、このカメラは今までに無い、本気で「色」と「ダイナミックレンジ」にチャレンジしたカメラです。

富士フィルムだからできたのかもしれませんが、ネガ調、フジクローム調、ベルビア調などの選択ができ、シーンによるダイナミックレンジの制御もできます。とくに、ダイナミックレンジは専用のR画素と 14bit の情報、富士独自の画像処理プロセスにより、すごく自然な画像が出来上がります。

なんていうのか、ハイライトを飛ばさず、しかも全体のコントラストをごく自然に表現できたカメラや現像ソフトがいままでに存在していたのでしょうか?この点については驚きです!

 ■【伊達淳一のデジタルでいこう!】【速報版】より
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2004/11/16/456.html

以前から気になっていた、シャドー部のざらつきやノイズもまったく感じられません。
唯一、細い電線のようなものにジャギーが出るようですが、等倍で鑑賞しない限りはまったく問題ありません。プリント結果は、なんて自然な画像なんだろう...です。

これだけ色やダイナミックレンジがすばらしいと、いままで思うようにならなかった風景写真がどんな風になるのか、とっても興味がわいてきます。

う~ん、
ほし~~~~~~い!!

今回、EOS-1Ds の下取り価格を聞いたら、MKII への意欲が無くなってきました。もともと風景写真がメインの私には、あまり魅力ある性能アップでは無かったので悩んでいます。まだ3000カットも撮影していないし、傷などもないし。実質50万円以上出してまでリプレースする価値を感じません。もっとも、だれかが40万円くらいで購入してくれる人がいれば別ですけど。

まぁ、とりあえず、FinePix S3Pro が気になる今日このごろです。

このページの上部へ

プロフィール

2001年に EOS D30 でデジタル一眼レフデビュー。その後 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1Ds MKIII, EOS-1D X, EOS 5Ds R そして現在は FUJIFILM X-T2 をメインカメラとして「風景写真の色と質感」にこだわった研究をしています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_0549.JPG
  • DSCF1673.jpg
  • DSCF1463.jpg
  • DSCF1434.jpg
  • DSCF1308.jpg
  • DSCF1082.jpg
  • DSCF1031.jpg
  • DSCF0786.jpg

現在使用している機材

    ■カメラ

  • FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

  • ■レンズ

  • FUJINON XF10-24mmF4 R OIS

  • FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

  • FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

  • FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

  • FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

  • FUJINON TELECONVERTER XF1.4X TC WR

  • ■その他機材

  • GITZO GT3542L + ARCA-SWISSモノボールZ1+

  • HUSKY 三段

  • Manfrotto オートマチック一脚 334B

  • Kenko Zeta EX サーキュラーPL

  • Kenko Zeta ND8

  • Kenko PRO1D プロND16

  • Kenko ハーフND4 PRO

  • GretagMacbeth Eye-One Photo

  • ■ソフト

  • Adobe Photoshop CC

  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC

  • SILKYPIX Developer Studio Pro8

  • Canon Digital Photo Professional 4

  • ACDSee Photo Studio Ultimate 2018

Powered by Movable Type 6.3.6