Ber.jpg

Eye-One Photo 一覧

昨日、久しぶりにプリンタプロファイルを作成しようと思ったら、測定器のキャリブレーションでエラーが出ました。

うわぁ~、もしかして壊れたかもぉ~!!

あわててネットで調べてみたところ、どうやら測定器に内蔵されているタングステンランプの劣化や寿命により充分な光量が得られないとエラーになるらしい。先日のモニタキャリブレーションには使えていたので、あれっ、おかしいな? と思ったのですが、反射光を読むプリンタパッチの場合はダメらしい。

続きを読む

Eye-One Match 3.6 から導入された、カラフルガモットマッピングテクノロジー(シャドー部のディテール再現や滑らかな階調表現、鮮やかな発色)について、簡単なテストをしてみました。

今回の実験に使ったプロファイルは、昨年12月に測色したデータを「Eye-One Match 3.4」で作成したプロファイルと、「Eye-One Match 3.6」で作成したプロファイルを使い、テスト画像をPhotoshop CS2 にてプロファイル変換をして掲載してみました。

続きを読む

久しぶりの書き込みです。
最近は子供の面倒を見て終わる日々が続いております(笑
ようやく落ち着いてきたので、少しはブログが書けそうです(苦笑

さて、Eye-One Match 3 が v3.6.1 へバージョンアップしていましたので、昨日早速アップデートをしました。ざっと見てみましたが機能的にはあまり変わっていないようです。

久しぶりの書き込みでこれで終わりでは寂しいので、今日はある実験をしていて起こった不思議なことについて書き込みをしたいと思います。

続きを読む

Eye-One Match 3.6 をいろいろとテストしてみました。

せっかくなので、モニタのキャリブレーションとプリンタのプロファイル作成をしてみました。
結果はですね、以前よりもモニタとのマッチングがよくなったようです。

今回の Eye-One Match 3.6 は若干ロジックが改良されたと思われます。
表現が難しいのですが、人肌なんかとってもきめ細かい感じの質感になりましたし、肌色もマゼンタよりにシフトしたように感じます。このあたりはかなりチューニングしたのではないでしょうか?

比較したプロファイルは昨年の12月に作成したものです。今回は同じチャートを使って測色してみました。もちろん、印刷する環境はプロファイル以外はまったく同様にしてあります。

あと気になるマトリックス方式とテーブル方式の差はどうであったかといいますと、

続きを読む

今日は少し時間ができたので、バージョンアップした Eye-One Match 3.6 について調べています。
そこでいくつかわかったことを書きたいと思います。

細かいところとしては、
 1. トップメニューにソフトウエアの更新ボタンが追加
 2. ターゲットとなる ICC Prorile を選択
 3. ガンマが 1.5 ~ 3.0 まで、0.1 刻みで設定が可能
 4. ICC4.0 対応
 5. プロファイルサイズをスモール(マトリックス)、ラージ(LUT)から選べる

の点が上げられます。
この中で、一番のポイントは 「5. プロファイルサイズでラージ(LUT)」が選べることですね。
これはたぶん、テーブル方式によるプロファイルの作成ができることを意味していると思われます。この方式はプリンタプロファイルなどの、複雑なデバイスプロファイルを作成する場合に向いています。Eye-One Match は PM5 などとは違うので、その精度には疑問が残りますががとっても気になります。

続きを読む

Eye-One Match 3.6

Eye-One Match 3 が 3.6 にバージョンアップしました。
下記のアドレスを参照してください。

今回は ICC2.0 ICC4.0 の対応など、機能面でかなり改良があるようです。
また、今回の目玉は「x64」対応です!!
時間を見てまた試して見たいと思います。

 ■GretagMacbeth
  http://www.gretagmacbeth.com/products_eye-one-photo_software

Eye-One Match v3.4

Eye-One Match v3.4 がダウンロード開始になりました。前回の v3.3 では「Eye-Oneチャート測定キット」に対応、今回のバージョンアップは「Eye-One iO」に対応したようです。性能はわかりませんが、インターフェースの画面が若干変わっていました。

しかし 12月7日発表になった、最新パッケージへの優待アップグレード「Eye-One Loyalty Program」は正直迷っています。モニタとプリンタのプロファイルが作れれば、他の機能を使うことは無いし、測定回数が増えたといっても、性能自体が向上したわけではなさそうなので、大きな違いはないのかなと思っています。それで15万円は...ですね。う~ん、どうしようかな。

私はすでに「Eye-Oneチャート測定キット」を注文しているので、来週そのご報告ができると思います。

■Eye-One Match v3.4
 http://www.gretagmacbeth.com/products_eye-one-photo_software

 -NEW Eye-One Match V3.4 Software
 -Eye-One Diagnostics 2.3 Utility

かねてよりうわさのあった、Eye-One Match 3.2a の日本語版がリリースされました。

日本バージョン「i1 Pro Photo」に対応したようです。
デジタルカメラのアイコンが増えています。モニタプロファイルを作成してみましたが、特に機能の変更は無いようです。

 → Eye-One Match 3.2a ダウンロード

i1 OPERATION HANDBOOK がダウンロードできるようになっていました。かなり詳細なマニュアルです。これでようやく i1 Share の使い方をマスターできそうです。今後は色の判断として、印刷した結果を測色したいと思っています。例えばメーカー純正のプロファイルとの比較みたいなことを考えています。

これを読んでいて気になった点として、モニタ(CRT)のキャリブレーションのときに、カット・ゲインの調整ができるモニタの場合、カットは使わずゲインのみで調整するような指示がありました。

■EIZO T760 のヘルプ画面
 

それと、プリンタパッチを印刷してから測色するまでの時間は、顔料系で1時間以上、染料系で3時間以上を目安にするように書いてありました。ご参考までに。

■ i1 OPERATION HANDBOOK
 i1ope_manu.jpg

→ マニュアル(PDF) (http://www.i1color.co.jp/file/support/i1_op_hb2005.pdf)
→ 製品情報 (http://www.i1color.co.jp/products/index.html)
→ i1color (http://www.i1color.co.jp/)

最近よく、「Monaco と i1 のどちらがいいの?」とか、「どう違うの?」って聞かれるんですよね。そこで、簡単に説明をしたいと思います。基本的には、Monaco であっても i1 であっても、プロファイルの精度に大きな差はないと思います。むしろソフトが使いやすいか? の方が重要です。

ただし...

測色器が違います。
例えば、MonacoEZcolor 2.6 の場合は市販のフラットスキャナを使います。そもそも比色計であるフラットスキャナでは RGB しか読み取れないんです。しかし、実際の色は「赤」から「オレンジ」「黄」「緑」「青」そして「紫」と多くの色からなります。これら全ての色が読み取れないと正確に色を判断することができないのです。

 ■スペクトルの各カラーの波長は以下のとおりです

   赤:630及び700nm
   オレンジ:590及び630nm
   黄:560及び590nm
   緑:480及び560nm
   青:360及び480nm
   紫(UV)は測色しません

   cnt_img2.gif
   ※ http://www.i1color.co.jp より

ちなみに分光光度計である i1 はそれらの光をナノメータ(100分の1ミリ)の単位で測色します。きちんと色を読み取れなければ、正しいプロファイルの作成はできないというわけです。さらに i1 Photo は、反射光/透過光の両方をサポートしているので、Monaco シリーズのようなモニタ用とプリンタ用の2つのセンサーは必要ないのです。ただコストを考えると、Monaco のように反射光と透過光のセンサーを分けた方がいいのでしょうね。

また、Monaco PROFILER や Monaco PROOF、新しい Pulse ColorElite System は、モニタは比色計で、プリンタは分光測色計(分光光度計)です。もちろん、測色器として i1 を使うこともできますけど、あまり意味がないかも知れません。(Monaco のソフトが使いたい場合は有効ですが、コスト高です)

まぁコストも大事ですが、私の個人的な意見としては極めるならば分光光度計の i1 でモニタもプリンタも測色するべきだと思います。

あと最後に基本性能ではなく、発色の傾向(好み)についての感想です。
Monaco 系のソフトは、わりと鮮やか系ですし、i1 系のソフトはナチュラルですね。どちらにせよ、元の画像のよしあしがはっきりと出るので、それを勘違いしてソフトのせいにする人もいます。

私は、本格的にカラーマネージメントをするならば MonacoEZcolor はお勧めしません。それ以上の製品(20万円以上)ならば、買って後悔することはないと思います。

このページの上部へ

プロフィール

2001年に EOS D30 でデジタル一眼レフデビュー。その後 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1Ds MKIII, EOS-1D X, EOS 5Ds R そして現在は FUJIFILM X-T2 をメインカメラとして「風景写真の色と質感」にこだわった研究をしています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_0549.JPG
  • DSCF1673.jpg
  • DSCF1463.jpg
  • DSCF1434.jpg
  • DSCF1308.jpg
  • DSCF1082.jpg
  • DSCF1031.jpg
  • DSCF0786.jpg

現在使用している機材

    ■カメラ

  • FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

  • ■レンズ

  • FUJINON XF10-24mmF4 R OIS

  • FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

  • FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

  • FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

  • FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

  • FUJINON TELECONVERTER XF1.4X TC WR

  • ■その他機材

  • GITZO GT3542L + ARCA-SWISSモノボールZ1+

  • HUSKY 三段

  • Manfrotto オートマチック一脚 334B

  • Kenko Zeta EX サーキュラーPL

  • Kenko Zeta ND8

  • Kenko PRO1D プロND16

  • Kenko ハーフND4 PRO

  • GretagMacbeth Eye-One Photo

  • ■ソフト

  • Adobe Photoshop CC

  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC

  • SILKYPIX Developer Studio Pro8

  • Canon Digital Photo Professional 4

  • ACDSee Photo Studio Ultimate 2018

Powered by Movable Type 6.3.6