i1 Photo と C1 PRO 3.5

本日、i1 Photo を触る機会がありましたので、早速使ってみました。
そこで、驚きの事実が判明したのでご報告させていただきます。

以前から言われていた、基本性能についてはいまさら書く必要は無いと思いますが、一番驚いたのは、モニタのキャリブレーション能力です。今までいくつかのツールを使ってきましたが、過去最高のできばえです。グレーバランスとシャドーの諧調(色かぶりも含む)が特に優れていて、他のツールではどこか色がしっくりとしませんでしたが、i1 Photo では一気に解決です。

また、C1 PRO との相性が良く、モニタのキャリブレーションをとってからプリントすると何も調整しなくても色がばっちり合いました。もしかすると C1 PRO の開発者は i1 を使っているかも知れませんね。もちろん、プリンタプロファイルも i1 で作成しました。(なぜが Photoshop CS の画面とは微妙に色やコントラストが合わないんですよね)

テストチャートなどの印刷を比較した場合もグレーバランスとシャドーの諧調が優れていて、ノドに何かつかえていたものがとれた感じがしました。すっきりって感じです。

ただ、Monaco Profiler と比較した場合、絶対的な彩度(CMYとRGB)は Monaco の方が広いようですが、実際には黄色やシアンが不自然に明るかったり、はたまた若葉の緑が黄色になるなど、不自然な色が多いのも事実なんですが、i1 Photo ではそれが一切ありません。現実に見える色のチューニング?がすばらしくよくできています。

モニタがしっかりしていれば、もしかするとエプソンの純正プロファイルもよみがえるのかもしれませんね。

Monaco Profiler と i1 Photo を使ってみてわかったことは、基本性能はどちらも優れていて、甲乙つけがたい感じがしますが、 モニタに映し出された画像やプリントされた写真をチェックしてみると、i1 Photo + C1 PRO が間違いなく最強のコンビだと確信できます。

また、カラーマネージメントツールは複数の組み合わせではなく、できれば一つのツールで統一した方がやりやすいと思います。ツールが違うと基準が変わり、結構色を合わせるのが大変です。

私も資金の都合がつきしだい購入しようと思いま~す。

P.S
インクジェットプリンタとはいえ、プリンタごとの個体差って結構あるんですね。
例えば、同じエプソンの PM-4000PX でも、他のプリンタパッチで作成したプロファイルでは良い色がでませんでした。仕事でお使いの方は必須アイテムですよ。

Follow me!

i1 Photo と C1 PRO 3.5” に対して1件のコメントがあります。

  1. PLIE より:

    外国では C1DSLR+i1 が バンドルされて売られているくらいですものね。
    私の感触では ProfileMaker+i1が 最強のように思います。
    カラーマネージメントは知らなくても
    とりあえず
    1D系(RAW)+C1DSLR+i1 があれば
    色に関しての悩みは ある程度解消ですよね。

  2. PLIE より:

    間違えました
    Profiler+i1が 最強と今は 思っています。

  3. y-komano より:

    PLIE さん、こんちには。
    文字化けの件は解消されたのでしょうか?
    MovableType も 3.0 になったのですが、日本語対応版がまだのよう
    ですので、アップしだいバージョンアップを考えております。
    さて、プロファイルに関してなんですが、i1 が良いのか変換ロジックが良いのか
    それとも両方なのかわからないのですが、パッチ数を900くらいで作成したら、
    すごい画像がプリントされました。
    どちらにせよ、私もツールがほしいので検討をしている段階です。
    ただし、i1 Photo では時間が無くて作成しなかったのですが、Monaco PROFILER
    で作成した PX-G900 に関しては、PM-4000PX の場合と比較して立体感のない
    写真になってしまいますね。どうしてかな? プリンタの問題かもしれませんね。
    最近、ポートレート系の写真をプリントする機会があり、愕然としてしまいました。
    PX-G900 はかなりベタな感じになるんですよね。
    もう少しテストをしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です