Ber.jpg

Lightroom 一覧

最近の RAW 現像ソフトの傾向として、独自の基準による色作りから、各メーカーの基準に近づける方向で色作りがされているように思えます。

それは、例えば EOS-1D X であれば Digital Photo Professional の「ピクチャースタイル=スタンダード」を基本とし、この色に合わせて RAW 現像ソフトのカメラプロファイルが作成されていると言うことです。これは以下の画像を見ていただければお分かり頂けると思います。

■左から DPP, DxO Optics Pro, Capture One Pro, Lightroom
20150223_01.jpg

以前は、ここまで各社の現像結果が接近することは無かったと思います。それが、わずかな調整をするだけでほぼ同じ現像結果になります。ある意味、つまらなくなった?

さらに、DxO Optics Pro や Capture One Pro では、このカメラプロファイルを変更することで、メーカーの違うカメラを使っていても同じような色合いに統一することができるようです。

その上で、プラグインやオプションで「フィルム調」などの補正ができる。そんな考え方だと思います。
ただ、これまでに何度も書いてきたように、このフィルム調は完全再現はできません。特にベルビア独特の「青」は不可能で、それを求めるならば富士フィルムのカメラを購入するしかありません。

続きを読む

今回は FUJIFILM XQ1 を RAF(RAW形式) で撮影し、Adobe Lightroom で現像してみました。

設定は、カメラキャリブレーションのプロファイルを「Camera Velvia/VIVID」、シャープネスを「適用量=100」「半径=1.0」「ディテール=0」で現像。若干シャドーを強めた画像もありますが基本撮ったまま。仕上がり具合はカメラ内の現像と同じで、違いといえば「ゆがみ」などのレンズ補正関係と解像感です。解像感は 100%で比較しないとわからない程度の差ですね。気になる発色については区別がつかないほどそっくり。こうなると FUJIFILM X-T1 追加は時間の問題かも・・・

しかし、FUJIFILM XQ1 の AF は結構外すことが多いですね。
ピントが合っているはずなのに、ピンボケ写真も多い。特に遠景の場合。
まぁ、コンパクトカメラですから、それはご愛嬌ということで。

DSCF0831_LR4.jpg

今回は12枚です。
先ほど書いたように、全て Adobe Lightroom で現像しています。
今回もピントが合っていない画像が一部にあります。あくまで発色チェックということで。

続きを読む

先日、長岡まつり大花火大会に行ってきました。中々仕事が忙しくて写真のアップが遅くなりました。
長岡花火は、やはり「フェニックス」でしょう。

曲(ジュピター)に合わせて花火が上がり、最後にフェニックスが舞う。
大会2日目は、平原綾香さんもいらっしゃいました。生歌を披露!

■長岡花火「フェニックス」
20140809_04.jpg
EOS-1D X / EF24-105mm f/4L IS USM / バルブ / Lightroom 5

こちらの写真は全部で4枚です。1枚、遠くで見えなかったナイアガラスターマインがあります(笑)
RAW 現像は Lightroom 5 で行い、Photoshop にて2枚合成で作成してあります。

続きを読む

ようやく Canon から新しい Digital Photo Professional 4.0 (以下 DPP 4.0) がリリースされました。
今回は、UI の改善から始まり新機能や既存機能の強化など盛りだくさんです。

ただ残念なのは、64bit 版しかリリースされなかったことと、対応しているカメラが EOS-1DX, EOS 5D Mark III, EOS 6D など、最新のフルサイズカメラに限定されていることですね。今後の対応に期待です。詳しい内容は以下のページを参照してください。

■Digital Photo Professional 4.0
 http://cweb.canon.jp/eos/software/dpp4.html

20140630_01.gif

続きを読む

先日、初めて五泉市の「仙見川渓谷」に行ってきました。

この渓谷は川幅もあり、小鳥のさえずりが聞こえる、とてものどかな雰囲気のところでした。少し現実逃避して心落ち着かせるには良いところですね。見どころは「長瀞(ながとろ)」から「ツボ滝」にかけての区間です。いや~、新潟にもこんな渓谷があるんだなぁ。

■仙見川渓谷
20140623_01.jpg
EOS-1D X / EF24-105mm f/4L IS USM / シャッター速度優先AE / Lightroom 5

こちらの写真は全部で7枚です。
RAW 現像は Lightroom 5 で行い、露出の違う3枚を Photomatix Pro 5 の「インテリア」で合成。そのあと Exposure 6 の「Astia 100F」と、Sharpener Pro でシャープネス処理をしてあります。

続きを読む

ようやく Photomatix Pro 5 の日本語版がリリースされました。
アップグレード費が 2,900 円だったので早速バージョンアップしてみました。

■HDR Soft
http://www.hdrsoft.com/jp/

20140622_01.jpg

さて、今回のバージョンから新しい処理方式が2つ追加されました。

一つ目は「トーンマッピング」の「コントラスト最適化」
二つ目は「露出合成」の「インテリア」

さらに「単一画像の読み込み」と呼ばれる機能も追加されました。これは一つの RAW データから「露出合成」を行うことができる機能で、これにより Lightroom から露出違いの画像を生成し送る手間がなくなります。

その実力はいかに?
では、早速使用してみた感想を書きたいと思います。

※前回のブログ
 ■HDRによる「リアリティの高い風景写真」の作り方
 http://www.art-photo.jp/blog/archives/2013/08/post-113.html

続きを読む

長野県北佐久郡軽井沢町の千ヶ滝に行ってきました。落差20メートルです。
この滝は、駐車場から滝までが「せせらぎの道」と呼ばれる遊歩道になっていて30分ほど歩きます。
新緑のこの時期は、歩いているだけでとても気持ちが良いですね。

今回の写真は、EOS-1D X と EF24-105mm F4L IS USM との組み合わせです。
フィルターは Zeta ND8 と Zeta EX サーキュラーPL です。
露出は -1 1/3 として撮影。カメラの適正露出では、明るくなりすぎるので。
でも、全体的に暗すぎる?

■千ヶ滝
2014.06.01_01.jpg
EOS-1D X / EF24-105mm f/4L IS USM / シャッター速度優先AE / Lightroom 5

こちらの写真は全部で4枚です。
RAW 現像は Lightroom 5 で行い、そのあと Color Efex Pro の「モダン効果:Astia 100F」と、Sharpener Pro でシャープネス処理をしてあります。

続きを読む

久しぶりに川口町周辺をピンポイントで撮影してきました。
今日はあまり時間がなかったのでショット数が少ないです (涙)
新潟も平野部から徐々に新緑が進み、来週くらいには山間部も「桜」&「新緑」かな。今から楽しみです。

■川口町の魚野川周辺
20140426_01.jpg
EOS-1D X / EF24-105mm f/4L IS USM / 絞り優先AE / Lightroom 5

こちらの写真は全部で4枚です。
RAW 現像は Lightroom 5 で行い、そのあと Color Efex Pro の「モダン効果:Sensia 100」と、Sharpener Pro でシャープネス処理をしてあります。

続きを読む

すごく個人的な評価になりますが、2013年11月時点における風景写真に適したナンバーワン RAW現像ソフトは Lightroom 5 だと思います。操作性、処理速度、プラグインの豊富さ、Photoshop との連携、発色や解像感など、総合的に見て一番でしょう。

しかし、ナンバーワンであっても万能ではありません。
Lightroom 5 のウィークポイントは日陰や薄暗いシーンでの発色が良くない。紅葉や人肌などが少々青みがかった色になり、他のソフトに比べて諧調が平坦な印象です。もちろん、色は調整をすることで改善はできますが、そもそも補正をしなければならないのは面倒。

以下、赤のサンプルです。
少々わかりづらいかもしれません。縮小された画像の方が諧調の差が分かりやすいかも。

■左から、Lightroom 5, DPP 3, DxO Optics Pro 9
20131111_01.jpg
現像パラメータはすべて初期設定です。

続きを読む

先日バージョンアップした「DxO Optics Pro 9」のその後です。
このソフトの問題点は「解像感」「現像スピード」の2点。これまでも DxO Optics Pro は、バージョンアップのたびに解像感アップと現像スピードを向上させてきました。解像感に関してはいろいろな試みがなされていて、その中でも「レンズブラー」はレンズの中心部と周辺では補正量を変えるなど、レンズの特性を考えた補正がされています。

さて、テストをしてみた結果、今回リリースされた「DxO Optics Pro 9」は、現像スピード・ノイズ処理は大幅に改善され、仕事に使えるレベルになってきました。

ですが、解像感の方はと言うと・・・
まずは以下の画像を見てください。

■左から DPP 3, DxO Optics Pro 9, Lightroom 5
20131110_01.jpg
Lightroom 5 のみアンシャープマスクをかけています。
ほかのソフトはアンシャープマスクをかけても改善せず、画像が荒れるため初期設定のままにしてあります。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

2001年に EOS D30 でデジタル一眼レフデビュー。その後 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1Ds MKIII, EOS-1D X, EOS 5Ds R そして現在は FUJIFILM X-T2 をメインカメラとして「風景写真の色と質感」にこだわった研究をしています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • IMG_0549.JPG
  • DSCF1673.jpg
  • DSCF1463.jpg
  • DSCF1434.jpg
  • DSCF1308.jpg
  • DSCF1082.jpg
  • DSCF1031.jpg
  • DSCF0786.jpg

現在使用している機材

    ■カメラ

  • FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

  • ■レンズ

  • FUJINON XF10-24mmF4 R OIS

  • FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • FUJINON XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

  • FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

  • FUJINON XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

  • FUJINON XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

  • FUJINON TELECONVERTER XF1.4X TC WR

  • ■その他機材

  • GITZO GT3542L + ARCA-SWISSモノボールZ1+

  • HUSKY 三段

  • Manfrotto オートマチック一脚 334B

  • Kenko Zeta EX サーキュラーPL

  • Kenko Zeta ND8

  • Kenko PRO1D プロND16

  • Kenko ハーフND4 PRO

  • GretagMacbeth Eye-One Photo

  • ■ソフト

  • Adobe Photoshop CC

  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC

  • SILKYPIX Developer Studio Pro8

  • Canon Digital Photo Professional 4

  • ACDSee Photo Studio Ultimate 2018

Powered by Movable Type 6.3.6