プリンタプロファイル作成における注意点

プリンタプロファイルの作成にあたり、新たな注意事項がわかりました。

それは、「温度」です。
前々からおかしいなぁって感じていたのですが、今朝、偶然にもパソコン立ち上げと同時にテストチャートをプリントしたものと、2時間ほどして部屋があったまってからもう一度同じチャートをプリントしてみたものを比べたところ、グレーバランスに違いが見えました。

正確には「湿度」も関係しているかもしれませんが、少なくともインクジェットプリンタでは十分に部屋が暖まってからプリントした方が良いようです。これが事実ならば、プリンタプロファイル作成用のパッチも温度や湿度の影響を受けるのではないかと思われます。

もしそうならば、それぞれの環境別にプリンタプロファイルを作らなければなりませんね。多分原因はインクか用紙の問題かなぁって思います。っていうか、それ以外ないか…(笑)

それと、PLIE さんのご指摘されていた「双方向印刷におけるバラツキ」について私なりに思うのは、キヤノンのインクジェットプリンタがそうであったように、インクカートリッジの順番がその原因かと思います。インクジェットプリンタの場合はその仕組みから、どうしても重ね打ちになるわけですが、そうすると右から印刷した場合と左から印刷した場合で、微妙に色の出方が違うんでしょうね。

プリンタプロファイルの作成は、常温で「双方向オフ」が基本のようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です