新潟県湯沢町の「大源太」

先日、新潟県南魚沼郡湯沢町にある「大源太キャニオン」へ行ってきました。
写真中央の山が、東洋のマッターホルンと呼ばれている「大源太山」です。

大源太湖周辺を歩きながら撮影をしました。
新緑はもう少し先のようですが、十分に自然を満喫できました。

4枚目の写真は、別の日に撮影した小千谷付近の信濃川です。

 2013.05.05_01.jpg
 EOS-1Ds Mark III / EF24-105mm F4L IS USM / プログラムAE / Capture One Pro 7


 2013.05.05_02.jpg
 EOS-1Ds Mark III / EF24-105mm F4L IS USM / プログラムAE / Capture One Pro 7

 2013.05.05_03.jpg
 EOS-1Ds Mark III / EF24-105mm F4L IS USM / プログラムAE / Capture One Pro 7

 2013.05.05_04.jpg
 EOS-1Ds Mark III / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM / 絞り優先AE / Capture One Pro 7

最近、現像ソフトは Capture One Pro 7 を多用しています。
現像のポイントは以下の通りです。

 1. 「レベル」で中間のトーンを調整
 2. 「クラリティー」で、透明度を強調
 3. 「ハイダイナミックレンジ」は特にハイライトを微調整
 4. 「ノイズ除去」で、ルミナンスを「ゼロ」にする(カメラによる)
 5. 「露出」の彩度を微調整(プラス・マイナスあり)

これで、かなり写真の印象が変わりますよ。
お試しあれ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です