逆光で黒く潰れた写真の現像方法

先日の「泉恵園」での撮影は、あいにくの曇り空。
「もみじ」もかなり枯れていて、ほぼ空を見上げた写真になってしまいました。

曇り空となると、背景が明るくなりすぎてせっかくの「もみじ」が黒く潰れてしまうんですよね。
こんなとき、そうすれば良いのか?

ということで今回は「逆光で黒く潰れた写真の現像方法」についてシェアしたいと思います。

※元の写真

撮影データ:FUJIFILM X-H1 / XF10-24mmF4 R OIS / Velvia

 

 撮影時のポイント

  • ハイライトである空が飛ばないように注意する
  • 富士フィルムの場合、DR400 などにする方法もある
  • 見た目にいまいちだと思っても撮影しておく

 

現像のポイント

  • シャドーは、ハイダイナミックレンジの「シャドウ」で調整する
  • 逆光ではクラリティーでコントラストを調整し、メリハリをつける
    また、ストラクチャでエッジを立てるとより引き立ちます

 

補正後

 

パラメータのまとめ

  • クラリティーの「方法:パンチ」「クラリティー:50」「ストラクチャ:40」
  • ハイダイナミックレンジの「ハイライト:100」「シャドウ:40」
  • 彩度は好みで調整

 

比較画像

 

さて、いかがでしたでしょうか?

もともと Velvia で撮影しているので、それでも鮮やかな方なんでしょうけど、
明るさを調整するだけで随分と印象が変わりますよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です