SILKYPIX のテスト

SILKYPIX については、なかなかテストできなかったのですが、ようやく評価できるところまで使いこんでみました。そこで簡単に感想を書き込みたいと思います。今現在のバージョン(0.0.1.6)を使ってみた感想です。 CaptureONE DSLR (以下 C1 PRO) と比較しながらコメントをしたいと思います。

まず、このソフトはまだ開発段階であることと、フリー、シェアー、プロ用?といった構成のうちシェアー版相当であることを念頭において書いたつもりです。

第一に一番気になる画像の質について。
これは文句なく C1 PRO より日本人向きの画像を出力してくれますね。

 1. 背景のボケ具合がとってもきれい(かなり滑らかな現像処理)
sampl1.jpg
 2. 画像のコントラストがフィルムに近い感じがする(C1 PRO よりも若干コントラストが強い?)
   一言で言えば、抜けがいい画像だがレンジが狭い
 3. 紅葉の赤の深みがとっても自然な感じ(C1 PRO では赤が少々明く現像される)
 4. 空のブルーが記憶色にとっても近い(C1 PRO はシアンっぽくなる)
 5. 桜の色はかなり記憶色に近い
 6. 人肌も結構好みの発色!(C1 PRO では明るくなりすぎで、少々黄色っぽい感じがする)

実際にはどちらもつめれば甲乙つけがたい画像になります。その上でのわずかな「差」だと思ってください。

ただし…
結果が同じならば、使いやすい方が良いわけですが、これに関しては SILKYPIX はまったく歯がたちません。まだ SILKYPIX は作業性やスピードがいまいちですね。

 1. ファイルビューが遅い(C1 PRO も一回目は遅いがそれ以降は早い)
 2. 色温度の調整機能等の機能が少ないため、微妙な色の調整がとっても大変
   (色温度調整は実装してくれるそうですが、それだけではだめなんですよね)
 3. パラメータファイルがRAWデータのフォルダに作られる(保存先の設定がほしい)
 4. 現像後の保存先を指定できない(保存先の設定がほしい)
 5. Photoshop との連携がないため、いちいち呼び出さないとだめ
 6. パラメータなどのヒストリ機能がほしい(一回前にもどれない)
 7. カラーマネージメント(AdobeRGB での出力ができない)の対応がいまいち(今後改善?)
 8. パラメータの一括設定(他の画像への反映機能)がほしい

ざっとこんな感じでしょうか。
でも、色の傾向やコントラストはとっても気に入ったので、今後に期待します。
あっ、そうそう。コントラストやシャープネス等のマニュアル設定については、かなり細かく設定ができますね。特にコントラストの設定は逆光で使い物にならなかった画像が復活できたりして、かなり感動しています。

メーカーのホームページはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です