PRO 1 D WIDE BAND サーキュラーPL(W)レポート

本日、ケンコーのデジタルカメラ用PLフィルター「PRO 1 D WIDE BAND サーキュラーPL(W)」をテストしてみました。驚く結果が出たので早速ご報告させていただきます。まずは下の画像を見てください。ケンコーとキヤノン、それとノーフィルターの画像です。

 >> Canon EOS-1Ds / EF 70-200mm F2.8L IS USM / C1 PRO 3.5.1 (v1.44)

■ケンコー PRO 1 D
kenko.jpg

■キヤノン純正
canon.jpg

■ノーフィルター
non.jpg

この画像はわざと逆光の撮影をしてその一部を切り取ってみたものです。

キヤノン純正のPLフィルターは逆光ではまったく使い物になりませんね。これじゃあ、はずした方がましです。光が反射しているため、コントラストが悪くなっていますね。桜の撮影や紅葉の撮影など、逆光気味の写真は多く写してきましたが、これが画質を落としている原因だったのですね。ちょっとショックです。

ところが、ケンコーはフィルターをはずした状態と遜色ありません。これならばシャッタースピードを上げたい場合以外はPLフィルターをつけっぱなしにしても問題なさそうです。ちなみにサンプルは少しでもPL効果があるような位置にしています。

次に斜光と順光の撮影をしてみましたが、斜光はわずかで、順光はまったく差がわかりませんでした。こうしてみると、もう純正PLフィルターは使う気になりません。他のフィルターはわかりませんが、マルチコートをしている純正PLフィルターですらこんな状態なので、コーティングのされていないPLフィルターはもっとひどいかも知れません。風景写真を撮られる方は、デジタル専用のPLフィルターは必須ですよ!!

それと色の印象ですが、基本的にどちらもニュートラルです。ただ、ケンコーと純正PLフィルターを比較した場合、純正PLフィルターの方が若干赤く感じました。これは現像時に調整できるのでさして問題にはならないでしょう。

さて、気になるファインダーの見え方なんですが、カタログでいわれているファインダーの色つきについてはそれを確認することはできませんでした。もっとも、PLフィルターを脱着しての比較なのであまりあてにはならないかな? まあ、完全にはめなくともレンズの前に当てたりはずしたりでのすばやい比較はできます。その中で気づいたのですが、純正PLフィルターはやはり逆光に関係なく少しぼやけた感じがします。ケンコーのフィルターの方が鮮明な感じがしますね。

今日のテストで思ったことは、どんなにいいカメラを持っていても、PLフィルターが悪ければこれだけ画質が落ちるものかと愕然としました。それと、こういったテストはフィルムの時代は時間とお金がかかりましたが、デジタルはすぐに確認ができ、しかもお金がかからないのは良いですね。

Follow me!

PRO 1 D WIDE BAND サーキュラーPL(W)レポート” に対して1件のコメントがあります。

  1. PhotoXP より:

    いつも使ってるPLフィルタ、一度チェックしてみては

    先日、デジタル写真研究所さんのblogで気になる記事を見つけた。 内容は、ケンコーのデジタル専用設計C-PLフィルタ「PRO 1 D WIDE BAND サーキ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です