プリンタプロファイルのその後

どうやらモニタに原因があったようです。
最近、モニタのキャリブレーションをやり直したのですが、これがうまくいかなかったようです。再度キャリブレーションをおこなったら、1時間後に作成したプロファイルは安定していないことが確認できました。

モニタは疑っていなかったので、もう一度フロンティアのプリントとも比べましたが、明らかに1時間で作成したプロファイルはおかしい。これからは必ず1日たってからプロファイルを作成することにします。

しかし、ここで感じたことは i1 Photo でプリンタプロファイルを作成した場合、どうしても人肌にグリーンがのってしまうようです。ところが、MonacoPROFILER はこのあたりの処理がうまくて、とってもいい感じの色に仕上がります。いままでは、早めにプリンタプロファイルを作成していたので気づかなかったと思われます。

私の受けた印象としては、風景の i1 Photo 、人物の Monaco といった感じです。ただ、これもカスタマイズなどをいっさいおこなわないのが前提ですけどね。MonacoPROFILER はなんとなく彩度を10程度上げているように感じています。i1 Photo の場合、Photoshop で彩度を+10すると同じような感じにはなるので、要は使い方なのかも知れませんね。

お騒がせしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です