FinePix S3Pro その2

仕事との関係もあり、まだ満足に撮影ができていないんですけど、現在ベストな設定及び現像パラメーターのセッティングを調査しています。そこで、少しづつわかったことから書き込みをしたいと思います。

さて、だんだん S3Pro の実態がわかってきました。実際の画像はぱっと見た感じがすごくいいです。色や階調も良く出ています。まさにフィルムを思わせるような画像です。

しかし、詳細を良く見ると 600万画素相当の解像感しかなく、素材としては少々疑問が残ります。もっとも、EOS-1Ds と比較しちゃだめなんでしょうけど、データとしての質感は一般顧客向けカメラの領域です。ただ、ノイズは少ないし、トーンカーブをかけても粘り強いので、使い方を研究すれば仕事でも問題なく使えると思います。

私は、EOS-1Ds との入れ替えも考えていたのですが、正直微妙です。カメラ・レンズ・素材としての画像を考えると EOS-1Ds の方がはるかに高いレベルですが、色合いだけが良くありません。(C1 Pro を使ってもいま一歩及ばず)

その点 S3Pro のフジクロームやポートレートなどのフィルムシミュレーションは最高です。また、ポートレートモードでは、ストロボ撮影した人肌がしっとり写しだされることには感動しました(R画素との関係?)。この2つを考えるとこのカメラも捨てがたい…

う~ん、一長一短といったところですかね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です