気温が下がると PX-G900 の色は赤くなる?

先日、S3Pro の画像をプリントしていたら、なんかとっても赤いプリントになるんです。おかしいなぁって思って、昨年プリントした画像を同一条件でプリントしてみたところ、あら不思議。それも全体的に赤みがかったプリントになるではありませんか! もちろん、昨年プリントした時点ではまったく問題ありませんでした。

そこで、もしやと思いプリンタプロファイルを作りなおしてみたところ、色がばっちり合いました。先回プリントしたのが12月30日で、今回プリントしたのが1月4日なんですが、この間新潟は強い寒気団がきていて、温度も下がり、雪が降ったんですよね。ちなみにプロファイルは11月に作成したものです。

以前より、顔料系プリンタは温度や湿度の影響を受けるのではないかと思っていたのですが、これほど急激な変化は無かったのでわからなかったのですが、今回のはかなり参考になるのではないでしょうか? もちろん、地域によりその影響範囲に差があると思いますが、同様の現象が友人のところでも見られたので気のせいではないと思います。

思いおこせば、夏に向かっては緑っぽくなり、冬に向かっては赤っぽくなる傾向があると思います。もしこれが本当ならば、インクジェットプリンタに関しては、最低でも一ヶ月に一回はプリンタプロファイルを作成しなければならないと思います。

もっとも仕事で色にこだわるならば、一週間に一回はプロファイルを作成する必要があるかもしれませんね。もちろん、厳密には用紙が変わったり、インクを交換したらプロファイルを作成する必要があります。

また、ProfileEditor を使えば、いちいちプリンタプロファイルを作成しなくても補正が可能だと思われますが、正確な補正を行うにはまさに職人技が必要になると思いますので、プリンタプロファイルを作りなおす方が結果的には簡単でしかも精度が高いと思います。

どちらにせよ、色が合わなくなる要素はさまざまなんだなぁって感じました。
みなさんのところではどうですか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です