Windows 7 Ultimate Bata をインストールしました

Windows 7 Ultimate Bata 版を入手したので、早速 VMWare Workstation 6.5.1 にインストールしてみました。うわさによると Vista があまりにも不評なため、2009年度中にリリースが予定されているらしい。

OSだけインストールしてもつまらないので、テストで Photoshop CS4 と Lightroom 2.2 及び SILKYPIX Developer Studio Pro をインストール。プリンタは PX-5500 を選択。いくつかの RAW ファイルをコピーして現像とプリントをしてみました。ちなみに VMWare Workstation にインストールするとき、自動で認識されたOSは Windows Vista でした(笑


さて、バーチャル環境で動かしても、まったくストレスを感じない軽快さです。
Lightroom は 1:1 表示をすると画面が回転したり、まったく表示されなくなったりと少し動きがあやしい。SILKYPIX は現像するとエラーになりました。

Lightroom でとりあえずプリントする前に、プリンタのプロパティを確認しようと思ったら、なんとプリンタのプロパティの画面がリニューアルしていて、最初どうやって設定画面にいけばいいのか迷った(笑

で、なんとかプリント。
おお~、いい感じっす!
特に問題はありません(って、そうだよね・・・)

変わったと言えば、画面下のタスクバーですね。ぱっとみ安っぽい(笑
好みが分かれるかも。プログラムを起動するとアイコン表示され、マウスを近づけると水滴を落としたような波紋が広がってちょっと面白い。

また、Lightroom から Photoshop を呼び出したとき、スムーズに Photoshop が起動するあたりはストレスが無くていいかも。(いままではタスクバーが点滅して、クリックしないと切り替えができなかった) → たしか設定で点滅をさせない方法があったような・・・

そうそう、WMWare Workstation でこのプリンタを設定するとき、共有設定で使う人が多いようですが、きちんと USB プリンタとして認識できますのでコメントしておきます。ただ、Windows 7 Ultimate Bata ではインク残量の表示はできませんでした。

いままでいくつかの Windows の Bata 版をテストしましたが、これほど安定したバージョンは珍しいと思います。(といっても Vista の改良版のようなものですからあたりまえか・・・)
一部にサウンドなど、これから変更になりそうなものもありますが、全体的な完成度は高いですね。

この Windows 7 が発売になると、Windows XP は完全に入手不可能になります(在庫限り)。
ですので、Windows マシンを使っている方は、この Windows 7 は避けては通れないOSになりそうです。

しかし、この連休は Windows 7 を使っていたせいか、Vista に戻ったらなんか物足りなく感じます。マイクロソフトの戦略に乗せられてるかなぁ?(笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です