ペンタブレット intuos 3 PTZ-631W をゲット!

昨日、念願のペンタブレットをゲットしました。

もともと微妙な操作をする場合、マウスではやりにくい。しかも、肩が張る!
そのメリットのため、いままでに FAVO や Bamboo を使ってはみましたが、いつしか使わなくなる・・・ といったことを繰り返してきました(笑

しかし、またこりずにペンタブレットを購入したのには理由があります。

intuos3.jpg


以前使わなくなった理由として、まずタブレットとキーボードのいい配置が見つからなかったことがあげられます。置いたり戻したりを繰り返すうちにめんどくさくなって使わなくなった。また、A6 サイズだとキーボードの脇においてしまいがちですが、それだとダメなんですよね。使いづらい。

これについては、ネットで検索していたときに、偶然みつけた写真にヒントがありました。それが写真のような配置で使うやり方です。これを見たとき「これだぁ~!!」と思わず叫びました(笑

幸い、キーボードも薄型なので、タブレットとの相性はばっちりです。
タブレットがパームレストがわりになって使いやすい。

それと intuos 3 の場合、ファンクションキーが左右に配置されていて、これを使いながらペンを使うとマウスよりかなり楽に操作ができます。例えば Lightroom のようなスライドバーの多いソフトの場合はかなり楽に操作ができます。(矢印キーで操作する方法もあります)

そうそう、タブレットの初期設定で「プレス アンド ホールド」といった機能は「オン」になっていますが、これは「オフ」にしないとだめですね。この機能は、ペンを押し付けたままにしておくことで、右クリックとして機能させるものなのですが、これがあると Lightroom のスライドバーを操作しようとすると、毎回この機能が働くため、いちいち解除してから動かさなければならない。これは Photoshop ではおきないので、ソフトの作り方の問題もありそうですが・・・

intuos_setting.gif

あとは、なんといっても肩の張りが激減したことは言うまでもありません。
それと、マウスの充電サイクルが大きく伸びました(笑

しか~し、いいことだけではありません。
一番の問題はペンタブレットを導入すると、きまって動作が不安定になる。
例えば、スクロールバーが突然暴れだす。

これは、FAVO や Bamboo のときもそうでした。
今回の intuos 3 も同様のことがたまに発生します。いまだはっきりと原因はわかりませんが、タブレットを使い始めると起きて、やめると発生しません。もちろん、ドライバは最新にしてあります。
ただ、ここ数日は発生していないので、様子を見ている状況です。

それと、A5 ワイドは大きすぎたかも(笑
どんなときに思うかといいますと、画面の端から端まで行ったりきたりするような操作の場合、タブレットが大きいと違和感があります。もっとも、これは慣れかもしれませんが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です