EOS 5Ds R で撮った「長岡花火 2015」

8月2日に長岡花火を撮影してきました。腕がないので大きく撮ってトリミングが基本です(笑)。今年は風がなく、煙に隠れてしまうシーンが多かったのが残念です。しかも、観客席の人の頭が写っていたり・・・

まぁ、そんな反省だらけの花火写真ですが、EOS 5Ds R で撮ればトリミングで何とかなる。そんな参考にしてください。

ちなみに、私は合成はしないので、全て「バルブ」にて一発撮りです。
NDフィルタはND8。これしか持っていないので。本来ならばND4あたりが使いやすそう。絞りはF8固定。ISOも100で固定。ホワイトバランスは「白熱電球」です。

■フェニックス(重ねすぎたかなぁ~)
20150804_01.jpg
EOS 5Ds R / EF16-35mm f/4L IS USM / バルブ / Lightroom CC

今回の写真は全部で7枚です。現像処理は Lightroom CC でプロファイルを「Camera Portrait」、煙を目立たなくするために「かすみの除去」を適度に設定し現像。最後に Photoshop CC 2015 のイメージプロセッサーにて「JPEGの画質6」で仕上げてあります。


20150804_02.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / バルブ / Lightroom CC

20150804_03.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / バルブ / Lightroom CC

20150804_04.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / バルブ / Lightroom CC

20150804_05.jpg
EOS 5Ds R / EF16-35mm f/4L IS USM / バルブ / Lightroom CC

20150804_06.jpg
EOS 5Ds R / EF16-35mm f/4L IS USM / バルブ / Lightroom CC

20150804_07.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / バルブ / Lightroom CC

最後の花火は、今回初の「正三尺玉3連発」の写真です。
重ねすぎた感があります・・・

今回の反省として、まずは場所取りが重要。人の頭が写ったり、風下はだめですね。
あと、最大の問題はフレーミングで、慣れていない場合は、固執せずにトリミングした方がよさそう。
ピントは、一度ライブビューで合わせるだけで大丈夫でした。ただ、AFをオフにしなかったため、撮影中にピントリングを回してしまうトラブルがありました。ピントは一度合わせたらオフにするか、最初からマニュアルで撮影した方がよさそうです。

花火は合成すれば、また違った楽しみ方もありますが、何が正しいのかわからなくなるので、今回は一発撮りにしました。ここは譲れないかな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です