「ARCA-SWISSモノボールZ1+」を入手しました!

本日「ARCA-SWISSモノボールZ1+」とRRS(Really Right Stuff)の「 スクリューノブクランプ(60mm) B2-Pro」を入手しました。7月に GITZO GT3542L を購入してから、ARCA-SWISSモノボールZ1+ を入手するまで4ヶ月かかりましたが、ようやく相棒がやってきました。

IMG_0549.JPG

当初は「ARCA-SWISSモノボールZ1+」+「KIRK クイックリリースクランプ」の予定でしたが、なかなか入荷しないことと、使っている方の話を聞くと「間違って回してしまうと少ない回転でロックが外れるリスクがある」「ノブが小さいので回しにくく、締めすぎると固くなる」と聞き、変更することに。

う~ん、KIRK のクイックリリースは「ノブ」が少ない回転でロックと解除ができるところが魅力なのですが、まぁ、どちらにしても使い方次第なんでしょうけど。


ちなみに、クランプは「ノブ式」です。理由は、カメラプレートが FIJIFILM やその他のメーカーが混在するためレバー式ではロックできないケースがあることと、レバー式はバネの力で押さえつけている状態らしいので、固定力にも不安がありノブ式を選択しました。

で、今回は RRS の「 スクリューノブクランプ(60mm) B2-Pro」を購入しました。RRS のクランプはノブの長さがありカメラと干渉しにくく、つまみが大きいのでとても回しやすいです。また、ハスキー 3D ヘッドに取り付ける場合は、長さと幅もピッタリです。

のせるとこんな感じです。

IMG_0558.JPG

しかもノブを回して移動するところが段差になっていて、コルクとこすれない工夫もされていました。
細かいことですが、こういうところが値段なんでしょうね。

IMG_0557b.jpg

でもまぁ、理由はどうであれ RRS は質感も高くカッコいい!!

さて、とりあえず部品も揃ったので、クランプのネジを回そうと試みるが回らない・・・
そこで、事前に調べていた下記ブログを参考にいろいろと頑張ってみるが、やはり回らない。

 Youtube に自由雲台のレビューをアップされている「ハク」さんのブログです
 https://blogs.yahoo.co.jp/ha76ck/57732393.html

今回の個体は、めちゃくちゃ固い。
まれに存在する、脱着不可の個体のようです(涙)

あまり無理をせず断念。素直に「スタジオJIN」様にお願いすることにしました。その場合、日本代理店である KPI 様から購入した商品でないとスタジオJIN 様では対応してもらえないようなので海外サイトで購入する場合は注意が必要です。

さて、気を取り直してクランプ無しで三脚にセットし、カメラを載せると

IMG_0555.JPG

「おぉ~、いい感じ!」

GITZO GT3542L には少々大きい感じもしますが、ベストマッチですね。
一応、ハスキー 3D ヘッドも載せてみましたが、ARCA-SWISSモノボールZ1+ と比べると雲台部分が高くなり、不安定な印象です。ハスキー 3D ヘッドにはシステマティックですね。

あと、カメラプレートですが、普段はカメラ本体にメーカー純正のハンドグリップ(MHG-XT2)を付けていて、横位置のセットは可能ですがやはり縦位置での切り替えに使いたい。そこで、今回はパワー・ブースター・グリップ(VPB-XT2)用の「BVPBXT2-L」を検討しています。日本で購入すると高いので B&H で購入しようと思っています。

ついでといっては何ですが、カメラプレートと一緒に水準器付きの「B2-Pro-II」も購入してみようかと思います。ちなみに日本では売っていません。

さて、またパーツが揃ったら報告させていただきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です