C1 PRO 3.5 はモニタプロファイルの影響を受ける?その2

本日、いろいろと実験した感想です。

まず、モニタプロファイルを変更すると確かに微妙に変化します。昨日はかなり違うと表現しましたが、本日もう一度確認したところ、微妙な範囲でした。でも、変化はあったので、無視はできないと思われます。

また sRGB の場合は、ErgoColor C100 で作成したプロファイルと比較してみると、全体的に鮮やかに見えます。しかも、肌の微妙な調子が失われてしまいますね。また聞いた話ですが、今後液晶モニタを使う場合も注意が必要らしいですよ。トーンジャンプの問題もありますしね。やはり最低でも EIZO の EolorEdge は必要なのかなぁ?

それとモニタとのマッチングについては、モニタが古いせいなのか、プリント結果に比べて赤くなる傾向があります。とりあえずキャリブレーションのあとから、ScreenManager Pro で微調整をしていますが、これで良いのかなぁ?

ただ、新しいモニタではこういった症状が出ていないので、モニタを買えば解決するかも知れませんね。なので、純正モニタプロファイルでのマッチングは正しい判断はできない状態です。もし、試された方がいらしたら結果を教えてください。

Follow me!

C1 PRO 3.5 はモニタプロファイルの影響を受ける?その2” に対して1件のコメントがあります。

  1. PLIE より:

    実は、この間NANAOのs190 + G900を購入し 今までのCRTから移行したわけですが、G900での印刷結果が、4000PXと比較して かなり違うんですよね。
    これは プリンタ側の特質だと思っていましたが
    4000PXのプロファイルは以前のままで
    s190+4000PX
    の環境で どうなのか調べてみようと思います。
    Macですとモニタープロファイルを変更させると
    印刷にも影響があったかと思うのですが
    Windowsは ? です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です