Windows XP Professional x64 をインストールしてみました

この休みに、いまどき使わない(笑)FDと一緒に購入しました。
この製品はOEM版しかないので、こういった買い方になります。ちなみにライセンスのところを見ると「Windows XP Professional x64 Edition OEM Software」となっています。基本的に x64 をインストールするには、CPUとマザーボードが対応していなければなりません。

さて今回の x64 は、どこまで画像用パソコンとして使えるのか?
そしてどのくらい速いのか?

の2点について非常に興味がありました。さて、ワクワクでインストール開始!!


インストール自体は 32bit 版とどこが違うんだろう?ってくらい同じです(笑)。
取りあえず画面がでてきたので、INF ファイルやネットワークドライバの更新などをしようと思ったら x64 用のドライバが見つからず(本当は CD に入っているらしいが…)、結局ノートパソコンを使ってインテルのHPからドライバをダウンロードしてきました。フーッ!

それと、ATI の RADEON X1600XT のドライバやプリンタドライバは x64 用があったので、これをインストール。そのほかの 32bit 版のソフトも問題なくインストールできました。Photoshop CS2 も問題なく動きました。なかなか快調!!って思っていたら、モニタのINFファイルがない!

え~って思ったけど、気を取り直し Eye-One のインストール。しかし…
Eye-One を認識しないぞ~~~!!
このときわかったのですが、デバイス関係は x64 用でなければダメなんだそうです。
え~っ、バカー >> 自分

そんなわけで、x64 化計画は終了しました(笑)。
でも、せっかくインストールしたので、少し遊んでみました。
最初に気がついたのは、IE に 64bit バージョンがあったことです。若干速いです。
それと、IME のヘルプアイコンが変わっていました。壁紙に x64 Edition の文字が入っている。

と、そんな画像処理に関係ないところはどうでもいいですよね。
では、肝心のところについて。

まず、Windows XP 全体の動きが軽いですね。若干ですけど。
あと、気のせいかもしれませんがファイルコピーがめちゃくちゃ早かった。
Eye-One は動かなかったけれど、32bit 版で作った ICC プロファイルはそのまま使えたので、モニタプロファイルはこれを使いました。

それと、DPP のサムネイル画像の表示はかなり早かったけれど、プレビューは 32bit 版と大差ない感じ。現像処理時間もさほど違いを感じませんでした。現像処理時間については、結局CPUの性能に左右されるので、まぁしょうがないかな。

いま現時点では、まだドライバが不十分なので画像処理用には使えないですね。
ただ、使えるメモリが増えるなど x64 のメリットも沢山あるので、もう少し暖かく見守っていきたいと思います。本領を発揮するにはソフトの 64bit 化も重要だと思います。

Follow me!

Windows XP Professional x64 をインストールしてみました” に対して1件のコメントがあります。

  1. PhotoXP より:

    僕も64bit化に興味はあるのですが、やはりPhotoshopや主要RAW現像ソフトが64bitネイティブ対応になるまで待ちですかね。

  2. PLIE より:

    x64は とっても興味があったのですが
    i1が動作しないと ちょっと没ですね。
    一番の期待は x64だと きちんと
    メモリサイズを4G認識してくれる所だと
    思っておりますので、その意味では、
    メモリ食らいのPhotoShopにとっては
    良いと思っているのです。

  3. y-komano より:

    PhotoXP さん
    Mac はすでに 64bit 化(G5)されているわけですから、Windows もがんばってほしいものですね。以前、Mac の画面表示が早いのは 64bit OS のためなのかと思っていましたが、グラフィックカードの性能で決まるんですよね。
    PLIE さん
    独立(正式にはまだですよね)、おめでとうございます。この場をお借りしてお祝い申し上げます。いや?、いろんな意味で刺激的です。
    さて Eye-One ですが、少なくとも Windows Vista がリリースされるまでには対応されると思います。またご報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です