i1 Pro (測定器) がキャリブレーションに失敗する

昨日、久しぶりにプリンタプロファイルを作成しようと思ったら、測定器のキャリブレーションでエラーが出ました。

うわぁ~、もしかして壊れたかもぉ~!!

あわててネットで調べてみたところ、どうやら測定器に内蔵されているタングステンランプの劣化や寿命により充分な光量が得られないとエラーになるらしい。先日のモニタキャリブレーションには使えていたので、あれっ、おかしいな? と思ったのですが、反射光を読むプリンタパッチの場合はダメらしい。


詳細はメーカーにメールをしたのでそれ次第なのですが、再校正の場合は本国に送るので2~3ヶ月かかるらしく、費用は4万円ですが、修理の場合はどうなるんだろう?

いままで点検に出したことがなかったので、ドキドキしていますが、こんなとき日本代理店があると日本語でやり取りできるので助かるなぁ。

しかし、今回はほんとにあせりました。プリンタのプロファイル作成を行うときに、測定器のキャリブレーションを行うのですが、このとき「白色基準タイルの上に乗せてください」みたいなエラーが出て先に進めないんですよ。でも、同じ測定器のキャリブレーションなのに、モニタのキャリブレーションの場合はうまくいくんですよね。

まぁ、どちらにしても結果はお正月明けになりそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です