Capture One 5 PRO の新機能

昨日 Capture One 5 PRO のセミナーに参加してきたので、その時のメモを掲載したいと思います。
基本的には Capture One 5 PRO は、4 PRO の追加機能バージョンのようです。
色に関しても大きな違いはありません。

ただし、一部のカメラプロファイル(フラッシュ系)では、中国向けの鮮やかな色合いから通常の色合いに変更されたもよう。

では、以下セミナーのまとめです。
 ---------------------------------------
 RAWデータの基礎

  メリット
  ・メーカーの色を変えたい
  ・ホワイトバランス(簡単に変更が可能)
  ・拡大に強い(トリミングしてた場合でも、RAW データから作成するので解像感がある)
  ・色の補正に強い(劣化しない)
  ・扱える色の数(JPEG は 8bit、RAW は 14bit/16bit)が多いので、階調が豊かである
  ・カメラのCPUよりも、パソコンで処理する方がより短時間に多くの処理ができる
  ・補正パラメータを一括で指定し、変更できる

  これは個人的な意見ですが↓
  ・HDR画像の作成ができる(1枚の RAW データからは限界はあるが・・・)

  欠点
  ・そのままでは写真を見ることができない
  ・メーカーの互換性はない
 ---------------------------------------
 Capture One 5 PRO

  特徴
  ・フォーカスマスク(ピントの合っているところを簡単にチェックできる)
  ・ダスト除去
  ・ウォーターマーク
  ・キーワード(画像に埋め込み、後から検索するときに使える)
  ・ユニフォームライト(絵画の撮影などで、ライトの明るさのずれを簡単に補正できる)
  ・RGB 独立したトーンカーブ

  New Capture One 5.1 PRO
  ・ダスト除去機能強化(虫や顔の吹き出物の除去も簡単にできる)
  ・ノイズリダクション強化(ノイズを適切に除く)
   一眼レフのべたな感じにノイズを載せて立体感をだすために使う
  ・クラリティ(透明感をあげる)マイナスすることができるようになった。人肌に有効
  ・カラーエディタの強化(人肌のみを強化など)
  ・GPS機能を使い、情報を書き込むことができる
 ---------------------------------------
 使い方の説明

  セッション
  ・セッションを作成する(カメラキャプチャするときに使うと便利)
  ・もしくは事前にフォルダを作成し、右クリックし、キャプチャーフォルダを設定できる

  スキントーン
  ・スキントーン補正の標準では欧米人用になっているので、日本人向けではない
  ・日本人の人肌をスキントーンに記録して適応させるのがポイント。

  カラーエディタ(詳細)
  ・ピンポイントで特定の色を選択して補正することが可能。
  ・選択されたカラーレーンのみ確認することが可能(その他の色はグレーになる)

  バリアント(バリエーション)
  ・パラメータを使い、複製を作る機能。RAWデータは1つのまま
  ・操作も「F8」で簡単に複製を作成

  レンズ補正
  ・物理的にとりきれない収差を、ソフトで補正する機能
  ・一眼レフは「解析」にて補正をかける

  EIP
  ・EIPにて出力すると「RAWデータ+パラメータ」で保存できる

以上がセミナーの内容でした。
実際にCapture One 5 PRO と Capture One 4 PRO を比較した場合、色に関してはさほど違いは感じませんでしたが、細かな機能アップが良いですね。試してみる価値はありそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です