EPSON PX-5V をゲットしましたぁ!

昨日、EPSON の PX-5V をゲットしました。初めは安くなった PX-5600 を購入しようかと思っていたのですが、どうせ買うならと PX-5V にしました。

購入前にPX-5500 と比べて良いと考えたことは、
 1. 論理的色変換システム「LCCS」
 2. 最小インクサイズ2pl
 3. 有線・無線LAN標準対応
 4. ビビッドマゼンタ・ビビッドライトマゼンタインクの搭載

の4点です。


逆に、不安だった点は
 1. インク購入代金が高くなる
 2. 設置場所(大きさ)
 3. デザイン(笑

購入してわかったは
 1. 動作音がかなり静かになった
 2. 印刷しているときの揺れがない
 3. 紅葉の赤、新緑の緑、快晴の青などに違いがみられた

感覚的なこと
 1. 解像度がアップしたように感じた
 2. 発色に関して、全体的な傾向は PX-5500 と大きな違いはないと思う
 3. 印刷スピードはあまり変わらない印象

実際に、Capture One Pro 6.2.1 で、Adobe RGB と PX-5500 、PX-5V の ICC プロファイルを比較(シミュレーション)してみたのですが、結構違いがでました。

ネット上では、PX-5500 は少し暗いといった書き込みを見ますが、標準とする Adobe RGB と PX-5500 は、ほぼ同じ明るさで、PX-5V は少し明るくなることが確認できました。ですので、たぶん PX-5V が明るい設定になったのではないかと思われます。ちなみに、フロンティアのプロファイルも PX-5V と同様に少し明るいようです。

それと、PX-5500 と比べて全体的に彩度が抑えられていて、自然な発色になったという印象を受けました。また、Capture One Pro で現像した色がすごくいいですね。現像ソフトや被写体にもよると思いますが、PX-5V との相性は良いと感じました。

今、出張の合間に現像&プリントしながら確認をしています。また何かわかったら書き込みをしたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です