Nikon D800 の衝撃!

本日 Nikon D800 が発表されました。
キヤノンユーザーとしては、このスペックはショック!ショック!ショック!です。
これを見ながらひとりごとを言ってました「嘘だろう・・・」って。

 ■ニコン D800
  http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d800/
  002.jpg

スペックはほぼ噂通りで、「世界最高の有効3,630万画素CMOSセンサー」を搭載。しかも D4 同様のAF に視野率約100%ファインダーを確保しながらもフラッシュを搭載、ローパスフィルター効果を無効化したバージョンの「D800E」。サンプル画像を見る限り、35mm とは思えない解像感はすごいです。先ほど PX-5V でサンプルをプリントしてみましたが、プリントでも立体感が違います。

動画もフルHD対応でいて、動画でもFX/DXの切り替えができる。たとえば、24-120であればDXモードに切り替えることで180mm相当の撮影できる。レンズ交換の手間よりは楽です。

アドバンストシーン認識システムは光学ファインダーでも顔認識でき、水平/垂直の水準器表示機能搭載。HDRにも対応してきました。いたりつくせりですね。


正直、ニコンのカメラは細部が潰れる傾向があるので、今まで敬遠していましたが「D800E」のサンプルを見る限りそのようなことは無比といえます。まぁ、逆に言えばキヤノンのローパスフィルタの性能が良いのでしょうね。

ただ、連射は約4コマ/秒で少し物足りない。

ニコンとしては「D4」をスポーツやポートレイトなど、高感度や連射スピード、諧調重視の被写体向き。「D800」はセンサーとボディを除くとほぼ同じ性能?で、風景写真など解像感が高い被写体向き。さらに持ち運びに便利なボディが与えられたようです。すごく明確なコンセプトです。

全てにおいて D 一桁モデルが最高スペックではないという考え方も新しいです。
今回のサンプルを見る限りでは、キヤノンから乗り換えても良いと思わせるだけのモデルに仕上がっていますね。

さて、今回 D800 を買うなら「D800E」でしょうな。間違いなく。
さぁ、キヤノンの逆襲に期待しましょうかね・・・って、大丈夫?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です