Capture One Pro 8 へバージョンアップしました

最近、またフィルム調にこだわった研究をしています。
これまでは基準が無く本当にそれで良いのか判断がつかなかったわけですが、今は FUJIFILM X30 による Velvia 調の写真が撮れる。これは大きい。これが基準になるからです。

そんな矢先に、Capture One Pro 8 のデモ版をテストしていたら、なんと FUJIFILM X30 の Velvia 調に近い(色・コントラスト・諧調)現像ができたのです。これまで発色については Digital Photo Professional 4 でも同等のレベルに達していましたが、諧調についてはあと一歩といった感じでした。それが Capture One Pro 8 では全てにおいてフィルム調な感じで仕上がります。

また、FUJIFILM X30 の RAW 現像もできるということで、急きょバージョンアップしました。
実は、Digital Photo Professional 4 や DxO OpticsPro 10 の仕上がり感が良くて、Capture One Pro 7 を使うことが激減。あまり大きな改良がなかったので今回はパスしようかと思っていました(笑)。

20150125_01.jpg


まずは、Lightroom 5 で現像した写真と、Capture One Pro 8 で微調整をした画像を見てください。
今さら説明の必要はないかとは思いますが、Lightroom 5 の現像はカメラ内現像とほとんど同じ画像が生成できます。

20150125_02.jpg

どうですか?
ほぼ、同じ感じの仕上がりではないですか?

これがどのような意味を持つかと言いますと、富士フィルムのカメラや Photoshop などのプラグインを使わなくても、同様の画像を入手可能ということです。とは言ってもまだ検証したパターンが少なすぎるので、引き続き評価をしていきたいと思います。

それと以前から気になっていたのですが、本当に Photoshop のプラグインはシュミレーションできているのか?ということです。FUJIFILM X30 の画像と Photoshop のプラグイン(Exposure, DxO FilmPack, Color Efex Pro など)で処理をした画像とでは随分と仕上がりが違います。合わせて検証したいと思います。

さて、Capture One Pro 8 ですが、バージョンアップをするといつも行う儀式があります。
それは、ブラウザーを右に表示させることと、ツールタブの「クイック」を表示させることです。「クイック」に関しては昔のバージョンではインストール時からあったのですが、最近は手動で設定しなければ表示されません。これは良く使うツールを一つのタブにまとめたもので、とっても便利なんですよね。これに「クラリティー」を追加して完了です。

先ほどの現像時のパラメータと合わせてご覧ください。
なお、主なパラメータは以下の通りです。

・基本特定:カーブ=「Film High Contrast」
・ホワイトバランス:色温度=「4400」 (ここは任意で)
・露出:コントラスト=「8」 (5~10を目安)
・露出:彩度=「-10」 (ここは任意で)

20150125_03.jpg

ちなみに、Capture One Pro 8 の初期設定ではハイライトやシャドーがつぶれないような設定になっているので、Capture One Pro 8 で最終仕上げをするならばコントラストなどの微調整が必要です。

あと、いつからできるようになっていたのか不明ですが、現像して自動的に Photoshop CC を呼び出す方法を発見したのでご紹介します。まず、ブラウザーの中から現像したい画像を右クリック。そうするとメニューが出ますので、そこから「エクスポート」の「バリアント…」を選びます。

20150125_04.jpg

そうしますと、以下のような画面が表示されるので「エクスポート」をクリックで完了です。Photoshop CC を呼び出すには「開く方法」で「Photoshop CC」を選択すればOKです。もちろん、任意のフォルダに画像を作成し Photoshop CC を呼び出せる点がポイントです。また、この時エクスポート形式で「PSD」を選ぶこともできます。これは便利かも。

20150125_05.jpg

ちなみに、現像はめちゃくちゃ早いです。

最後に、Nikon のカメラは Capture One Pro との相性が良くないと感じている方も多いのでは?
最近のカメラはわかりませんが、D7000 や D5000 あたりのカメラの場合、基本特性のカーブを「Film Extra Shadow」にして「コントラスト」で追い込むといい感じに仕上がりますよ。

また、FUJIFILM X30 の現像はなぜかイマイチです。何か赤味が強くなります。もともと Capture One Pro は色温度が高めに現像されるのですが、それとも違う感じです。あっ、それと FUJIFILM X30 の場合、クラリティーの「ストラクチャ」を「30~40」くらいにすると解像感が増しますのでお試しあれ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です