EOS-1D X で撮った「三本滝と乗鞍高原」

撮影したのは5月でしたが、ようやくアップできました(笑)
EOS-1D X の風景写真はこれが最後になります。さて、この日は10年ぶりに「三本滝」の撮影に行ってきました。前回は水量があるはずの6月に行ったのに、水が少なくてがっかりしましたが今回はばっちりでした。

しかし・・・
「NDフィルタ」を忘れるという失敗をしてしまいました(涙)

というわけで、絞りF22が多いです。また、水量が多すぎて水しぶきが霧のようになり、そこに背後から太陽の光といった難しい撮影条件になってしまいました。こういうときは防滴 PL フィルターがほしい。

20150724_01.jpg
EOS-1D X / EF16-35mm f/4L IS USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

今回の写真は全部で10枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「風景」、シャープネス「強さ=4.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0」、デジタルレンズオプティマイザを「オン」で現像し、最後に Photoshop CC 2015 にて「Web用に保存」で作成してあります。


20150724_02.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_03.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_04.jpg
EOS-1D X / EF16-35mm f/4L IS USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_05.jpg
EOS-1D X / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_06.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_07.jpg
EOS-1D X / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_08.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_09.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

20150724_10.jpg
EOS-1D X / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

久しぶりに EOS-1D X の写真を現像してみましたが、EOS 5Ds R と比較すると解像感はやはり劣りますね。また、基本的な色や透明感は EOS-1D X と EOS 5Ds R は互角か EOS 5Ds R の方が良いかも知れません。

ただ、EOS 5Ds R になり撮影のテンポやパソコンでのレスポンスは悪くなりました。それと、EOS-1D X は高感度が強いので、日陰での高速シャッター(1/250以上)が使えましたが、EOS 5Ds R は厳しいです。滝の撮影ではよくあるシーンなんですけどね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です