Lightroom 用『Fujifilm XTrans III』プロファイル Ver.2

前回、『Fujifilm XTrans III』に基づいたフィルムシミュレーション・プロファイルを海外のサイトで見つけ、さらにそこから Lightroom 用の XMP ファイルを作ってみたのですが、前作には以下のような問題がありました。

・3D LUT ファイルにおいて、ハイライトでグリーンかぶりがあった
・Photoshop で LUT変換すると若干「赤」にシフトする
・コントラストの調子を整える過程でダイナミックレンジが狭まる

今回はこれらを解決する方法が見つかったので、Ver.2 としてアップすることにしました。
ただ、まだ解決できていない問題として、

・Lightroom 用の XMP ファイルを Photoshop で変換する過程でトーンが変更されてしまう
・高輝度の「赤」「緑」でトーンジャンプが発生

が残っています。
Photoshop にてトーンが変更される件は、HDR をかけたようなちょっと不自然な感じになります。
これは、おそらく Photoshop の「プロファイルの作成」の「トーンマップ強度」を「無し」にできないからだと予想しています。

また、高輝度のトーンジャンプに関しては元々の LUT ファイルがそうなっているので修正はできません。とはいえ、その辺にあるプロファイルよりは全然良い感じに仕上がります。

では、ここからはサンプルの写真を掲載します。

カメラ・現像処理:EOS 20D / EF-S 17-85mm f/4-5.6 IS USM / Lightroom Classic
サンプルは、Acros, Astia, Classic Chrome, Mono, Pro Neg Hi, Pro Neg Std, Sepia, Provia, Velvia の9つです。

■Lightroom Canon 標準

■Fuji XTrans III – Acros

■Fuji XTrans III – Astia

■Fuji XTrans III – Classic Chrome

■Fuji XTrans III – Mono

■Fuji XTrans III – Pro Neg Hi

■Fuji XTrans III – Pro Neg Std

■Fuji XTrans III – Provia

■Fuji XTrans III – Sepia

■Fuji XTrans III – Velvia

■使い方
このプロファイルを Lightroom に読み込ませる方法は、
①プロファイルブラウザを表示させる
②左にある「+」を押しながら「プロファイルを読み込む」を選択
③ダウンロードしたプロファイルを選択し「読み込む」をクリック

■FUJIFILM FilmSimulation Profiles for Lightroom Ver.2
⇒ ダウンロードはこちらから

■フィルムシミュレーションの種類は以下の9つです。
・Fuji XTrans III – Acros
・Fuji XTrans III – Astia
・Fuji XTrans III – Classic Chrome
・Fuji XTrans III – Mono
・Fuji XTrans III – Pro Neg Hi
・Fuji XTrans III – Pro Neg Std
・Fuji XTrans III – Sepia
・Fuji XTrans III – Provia
・Fuji XTrans III – Velvia

■使用条件
※自己責任でお使いください。
※Mac でも使えると思いますが検証はしておりません。
※感想などコメントいただけると嬉しいです。

■参照元
Stuart Sowerby
https://blog.sowerby.me/fuji-film-simulation-profiles/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。