Ber.jpg

Capture One Pro 9 へバージョンアップしました。今回から3台まで同時アクティベーションが可能になったようです。私的には Capture One Pro 8 との違いをあまり感じられなかったのですが、新しいもの好きなのでバージョンアップすることに(笑)

■Capture One Pro 9
 https://www.phaseone.com/

 20151222_01.jpg


また今回は「Capture One Film Styles」も購入しました。最近になってフィルム調スタイルのプリセットがあることを知ったので、いい機会だと思いこちらもゲット!

■Capture One Styles
 http://captureonestyles.com/

続きを読む

先日落差日本一の「称名滝」へ行ってきました。
その落差は350mにもなるらしく、その高さはハンパないですね。今まで見てきた滝とは一味違います。

さて、この滝へは車ならすぐ近くの駐車場まで行き、そこから遊歩道を30分ほど歩けば展望台まで行けます。今回は滝周辺の紅葉はすでに終わっていたので今一つの感はありますが、滝自体はとても迫力がありました。新緑の時期にまた来たいですね。

5DSR001.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / シャッター速度優先AE / Lightroom CC

さて、今回は EOS 5Ds R と X30 の2台で撮影しました。
なお、EOS 5Ds R が3枚、X30 が6枚です。

現像は Lightroom CC で、設定はカメラキャリブレーションのプロファイルを「Camera Landscape」とし、その他明るさなどを微調整したあとに、Photoshop CC 2014 にて「Web用に保存」で作成してあります。また、最近のお気に入りは「かすみの除去」です。わりと風景写真はかすみがかることが多いので、PLフィルターくらい重要な機能になりそうですね。

続きを読む

先日、アパリゾート上越妙高イルミネーション2015 を見てきました。
噂には聞いていましたが、中々見応えがありました。

中でも「幸福を呼ぶ光の双龍」の地上絵とウォータープロジェクションマッピングが凄いです。地上絵は何でも「LEDライトで作った最大のイメージ」としてギネス世界記録に認定されたそうです。

また、ウォータープロジェクションマッピングは、噴水を使い霧状にした水にプロジェクションマッピングするという、かなり迫力のあるイルミネーションでした。

20151024_01.JPG

さて今回は、全部で11枚アップします。
現像処理はせず、撮ったままのアップとなります。いつも通り画像をクリックしてからダウンロードが可能となっています。

続きを読む

本日は山本山高原のひまわり畑を撮影してきました。
いつものスナップ撮影です。今回は手持ち撮影にチャレンジしてみました。EF24-70mm f/2.8L II USM は手振れ補正が無いので、内心大丈夫かなぁと思いつつも撮影。結果は余計な心配でした。

さて、山本山高原のひまわり畑は意外と広く、新潟県内では津南のひまわり畑が有名ですが、ここ山本山高原も負けていませんね。今日の天気は快晴ですが、薄い雲に覆われていて白飛びやすい状況でした。もう少しローアングルなど工夫すればよかったかな。

20150808_01.jpg
EOS 5Ds R / EF24-70mm f/2.8L II USM / 絞り優先AE / DPP 4.3

今回の写真は全部で8枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「風景」、シャープネス「強さ=4.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0」、デジタルレンズオプティマイザは「オフ」で現像し、Photoshop CC 2015 のイメージプロセッサーにて「JPEGの画質6」で仕上げてあります。

続きを読む

8月2日に長岡花火を撮影してきました。腕がないので大きく撮ってトリミングが基本です(笑)。今年は風がなく、煙に隠れてしまうシーンが多かったのが残念です。しかも、観客席の人の頭が写っていたり・・・

まぁ、そんな反省だらけの花火写真ですが、EOS 5Ds R で撮ればトリミングで何とかなる。そんな参考にしてください。

ちなみに、私は合成はしないので、全て「バルブ」にて一発撮りです。
NDフィルタはND8。これしか持っていないので。本来ならばND4あたりが使いやすそう。絞りはF8固定。ISOも100で固定。ホワイトバランスは「白熱電球」です。

■フェニックス(重ねすぎたかなぁ~)
20150804_01.jpg
EOS 5Ds R / EF16-35mm f/4L IS USM / バルブ / Lightroom CC

今回の写真は全部で7枚です。現像処理は Lightroom CC でプロファイルを「Camera Portrait」、煙を目立たなくするために「かすみの除去」を適度に設定し現像。最後に Photoshop CC 2015 のイメージプロセッサーにて「JPEGの画質6」で仕上げてあります。

続きを読む

2年ほど前に初めて浅間大滝と魚止の滝を撮影したあと、もう一度撮影したいと思っていました。
今回、その機会を得たので急ぎ足で撮影してきました。

どの滝も道が整備されていて、気軽に立ち寄れる滝です。しかし、千ヶ滝は駐車場から片道30分くらいかかるので、1日で多くの滝を回ろうと思ったら避けたいところですが、結構好きな滝なので頑張って撮ってきました。

また、浅間大滝は水の勢いがあり高速シャッターで止めたいところですが、日蔭になることが多く、ある程度絞って撮影するには高感度に強いカメラでないと厳しい滝です。もちろんスローシャッターでもいけますけど。

さらに、魚止の滝は意外とフレーミングが難しい滝です。滝との距離感を考えると16mm位の広角レンズがないとつまらない写真になってしまいます。もちろん、望遠で切り取ることも可能でしょうが、あまり一部を拡大すると何処の滝なのか分からなくなってしまうのは避けたい。説明的な写真と言われるかも知れませんが、私の場合はその場の「空気感」を「記録・記憶」する意味もあるので、そこはこだわりたい。

■千ヶ滝
20150725_01.jpg
EOS 5Ds R / EF16-35mm f/4L IS USM / 絞り優先AE / DPP 4.2

今回の写真は全部で7枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「風景」、シャープネス「強さ=4.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0」、デジタルレンズオプティマイザを「オン」で現像し、最後に Photoshop CC 2015 のイメージプロセッサーにて「JPEGの画質6」で仕上げてあります。

続きを読む

撮影したのは5月でしたが、ようやくアップできました(笑)
EOS-1D X の風景写真はこれが最後になります。さて、この日は10年ぶりに「三本滝」の撮影に行ってきました。前回は水量があるはずの6月に行ったのに、水が少なくてがっかりしましたが今回はばっちりでした。

しかし・・・
「NDフィルタ」を忘れるという失敗をしてしまいました(涙)

というわけで、絞りF22が多いです。また、水量が多すぎて水しぶきが霧のようになり、そこに背後から太陽の光といった難しい撮影条件になってしまいました。こういうときは防滴 PL フィルターがほしい。

20150724_01.jpg
EOS-1D X / EF16-35mm f/4L IS USM / マニュアル露出 / DPP 4.2

今回の写真は全部で10枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「風景」、シャープネス「強さ=4.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0」、デジタルレンズオプティマイザを「オン」で現像し、最後に Photoshop CC 2015 にて「Web用に保存」で作成してあります。

続きを読む

昨日、仕事が終わってから何か写真を撮りたぁ~い!
と思い、こんなときはいつもの米山福浦八景県立自然公園です。

今回は早くも海水浴をしている人がいたり、米山大橋が工事中だったりとアングルに苦労しました(笑)
でもまぁ、短時間の撮影でしたが楽しんできました。

20150712_01.jpg
EOS 5Ds R / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / 絞り優先AE / DPP4
※遠くに見えるのは弥彦山です

なお、写真は全部で4枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「ディテール重視」、「色の濃さ=1.0」、デジタルレンズオプティマイザを「オン」で現像し、最後に Photoshop CC 2015 にて「Web用に保存」の「やや高画質」で作成してあります。

続きを読む

巷では「高画素化すると絞り込みによる回析現象が出やすい」といった話を聞きます。はたして本当にそうなのでしょうか。先日おこなった 1800万画素の EOS-1D X と同様のテストをしてみたのでご覧ください。

なお、絞り込むとシャッタースピードが遅くなるため、できるだけ風の影響のない鉄棒の部分を中心に撮影しています。左から絞りが F8, F11, F16, F22 の写真になっていて、上の画像はデジタルレンズオプティマイザを「オフ」で現像し、下の画像は「オン」で現像しています。

EOS 5Ds R / EF24-70mm F2.8L II USM (デジタルレンズオプティマイザ=オフ)
20150707_01.jpg

続きを読む

昨日はカメラを買ってから、初めて撮影に出かけました。

「落合の滝」は以前から知っていたのですが、中々タイミングが合わず撮影に行けてなかったので、今回はここに決定。ところが滝にたどり着くまではとても大変でした。というのも、工事や土石流のため思うように進めず、さらに滝の近くの林道は、いまだかつてないほど「荒れた」道でした。といっても車が通れたので問題はないのですが。ここ、凄くいい滝なんだからもう少し整備すればいいのに・・・

さて、この落合の滝は上下2段になっており、特に下段の滝は結構見栄えのする滝でした。ただ、滝壺への道は無いので基本望遠レンズでの撮影となります。新潟にもまだこんないい滝があったんだなぁ~としみじみ。

20150705_11.jpg
EOS 5Ds R / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / シャッター速度優先AE / DPP4

なお、写真は全部で4枚です。現像処理は DPP4 のピクチャースタイル「風景」、シャープネス「強さ=4.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0」、デジタルレンズオプティマイザを「オン」で現像し、最後に Photoshop CC 2015 にて「Web用に保存」の「やや高画質」で作成してあります。

続きを読む

昨日、撮影にでかけた時に EOS 5Ds R を三脚にセットしてある写真を撮ろうと思ってたのですが、すっかり忘れてました。で、本日自宅にて撮影。他意はありません(笑)

一応解説すると、ピントは正面は「ロゴ」で、後ろは左のボタンに合わせてあります。
また、フィルムシュミレーションは「Velvia」です。

20150705_01.JPG

なお、写真は全部で3枚です。

続きを読む

最近は YouTube に様々な撮影テクニックの動画がアップされています。その中から風景写真の流儀として書き留めておきたいことがらについてまとめてみました。以前からカメラブレに関しては気を使ってきましたが、表現方法やカメラのモード設定についてはとても参考になりました。

【01】 スローシャッターによる滝の構図の決め方
スローシャッターの場合は仕上り具合を確認するためにあらかじめ ライブビューで撮影してから構図を決定すると良い。スローシャッターでは、実際に見えている景色から想像しにくいため整っている部分を探し出すことも重要。

【02】 背景のボケリングをコントロールする
絞りはボケ具合に影響があるが、ボケリングの大きさも絞りで調整できるので、何枚か撮影しておきあとで選ぶ方法もある。

【03】 高速シャッターを使う
水量のある場合は、高速シャッターも有効。スローシャッターと両方撮影しておく方が良い。滝の場合はシャッタースピード 1/500秒以上、ISO はオートにすると撮影しやすい。

【04】 スローシャッターを使う
スローシャッターで流すときは AV モードで調整する。あらかじめ ISO を 100 に設定してから絞り込んでいき、シャッタースピードを見る。NDフィルターでスローシャッターを使う場合はアイピースシャッターを使用する。

続きを読む

先般、EOS 5Ds シリーズ が発売される前に Digital Photo Professional 4 のバージョンアップが行われました。その時に、ピクチャースタイル「ディテール重視」が追加されたのですが、これは何も EOS 5Ds シリーズだけのものではありません。EOS-1D X でもかなり有効な機能なんです。また、最近良く耳にする回析現象とデジタルレンズオプティマイザの効果についても実験してみました。

■ピクチャースタイル「ディテール重視」
「ディテール重視」の仕様は色の飽和を抑え、シャープネスが太くならず、とても自然な感じに仕上がります。シャープネスに関しては、強さ=3.0、細かさ=1.0、しきい値=1.0 が基本のようです。以下、左がピクチャースタイル「ディテール重視」で右が「スタンダード」となっています。

EOS-1D X / EF24-70mm F2.8L II USM
20150629s_01.jpg
DownLoad : 20150629_01.jpg

等倍で見なければ印象も違うのでしょうが、これでは詳細な画像とは言えません。これが原因で私は Lightroom をメインで使っていましたが、これならば使えそうですね。

続きを読む

この2日間は雨のため撮影に出れませんでしたが、近間の「善根の滝」を撮影してきました。
といっても、2カットですが。この滝は水量は少ないですが、中々絵になる滝なんです。EOS 5Ds R のウォーミングアップには丁度いいかな。ライブビューでピントを確認し、レリーズ。軽快なシャッター音とともに撮影ができました。

さて、気になるのは 5060万画素の実力ですよね。そのままアップすると大きなファイルですので、JPEG の品質を「60」にしてありますが、そのすごさは分かると思います。なお、今回からリンク方法を変えましたので、等倍の画像は下の DownLoad からご確認ください。

20150628s_01.jpg
EOS 5Ds R / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / シャッター速度優先AE / DPP4
DownLoad : 20150628_01.jpg

続きを読む

色々と迷いもありましたが、本日 EOS-1D X から EOS 5Ds R に入れ替えをしました。ボディ的にはダウングレード感は否めませんが、この点はすぐに慣れました(笑)。そうは言っても、EOS 5Ds R もそれなりに作り込んであって中々高級感があります。ボディの色も若干グレーっぽい(らしい)。

20150625_01.jpg

さて、今回の検討の中で一番大きかった要素は 5060万画素は必要か?だったと思います。
これまで使ったことのない未知の領域なので、サンプルを見ても実際に自分で撮影してみないとわからない。主には YouTube にアップされている写真家の方の話を参考にしましたが、中でも「解像度が諧調を生みだす」といったフレーズが印象的でした。今まではセンサーの受光面積が大きい方が諧調が出ると思っていたので、これは試してみたいなと。

もちろん、シズル効果や繊細な写真には必要だと思いますが、私が普段鑑賞に使っている iPad Air 2 や 六切りプリントではたして違いはあるのか?逆に検証してみたくなりました。何事もチャレンジですよね。さて、一応購入時に比較検討したポイントを以下にまとめておきます。

続きを読む

発売から購入のタイミングをはかっておりましたが、新緑にシーズンを前に決断!
旧レンズを下取りにだし、入れ替えをしました。

品不足のため、納品に1ヶ月かかりましたがようやくゲットできました。
週末は撮影に出たいなぁ!!

20150528_01.jpg

続きを読む

最近、まったく写真のプリントをしなくなりました。
というのも、表題の通り「iPad Air 2」が写真の鑑賞手段としてとても優れているからです。

iPad Air 2 のモニタは解像度が 264ppi あり、もう人の目ではドットを確認できません。この解像度が緻密な写真に向いています。当然ながら発色・コントラスト・諧調どれをとっても優れていますし、光源に依存しません。

実際に EOS-1D X の写真を iPad Air 2 で見てみると凄い解像感です。結局のところカメラの画素数は鑑賞するサイズ次第ですね。これくらいのサイズであれば 1,800万画素でおつりがきます。ご覧になっていない方は一度お試しすることをおすすめ致します。

image.jpg

続きを読む

本日は、長野県上田市菅平高原にある「唐沢の滝」を撮影してきました。

この滝は道路から見えるくらいの距離にあり、とても撮影しやすいです。しかも、ほどほどにワイド感があるので、スローシャッターで撮影すると白糸の滝のような感じになります。また、滝壺からの小川と合わせることで、いろいろなバリエーションの撮影ができそうです。この日は午後2時くらいの撮影でしたが微妙に日蔭。そこで明暗と滝をバランス良くフレーミングしてみました。

20150510_01.jpg
EOS-1D X / EF24-70mm f/2.8L II USM / マニュアル / Lightroom CC

さて今回は、全部で7枚です。
現像は Lightroom CC で、設定はカメラキャリブレーションのプロファイルを「Camera Landscape」とし、その他明るさなどを微調整したあとに、Sharpener Pro 3 にてシャープネスをかけ、最後に Photoshop CC 2014 にて「Web用に保存」で作成してあります。

続きを読む

昨日は、長野県飯山市にある「菜の花公園」に行ってきました。
ゴールデンウィークの5月3日~5日は「菜の花まつり」ということで、かなりぎわっていました。
昨日雨が降ったので、とても空気が澄んでいて春らしい1日でした。

20150506_01.jpg

さて今回は、全部で4枚アップします。
現像はいつも通り Lightroom で行い、設定はカメラキャリブレーションのプロファイルを「Camera Velvia/VIVID」、その他明るさなどを微調整し Photoshop CC 2014 にてアンシャープマスクをかけ「Web用に保存」で作成してあります。

続きを読む

今日は新緑を確認に国道353号線を柏崎から松代まで南下してみました。新潟も春らしくなってきましたね。
この辺りは道が狭く車を止めるには大変な場所なので、今回は走りながら車窓での撮影となりました。最近は仕事で缶詰状態だったので、良い気晴らしになりました。

20150425_01.jpg

さて今回は、全部で8枚アップします。
現像は先日バージョンアップした Lightroom CC で行い、設定はカメラキャリブレーションのプロファイルを「Camera Velvia/VIVID」、その他明るさなどを微調整し Photoshop CC 2014 にて「Web用に保存」で作成してあります。今回はアンシャープマスクはかけていません。アスペクト比は3:2としています。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

もともと風景写真が趣味で、1997年ころからパソコンを一式そろえ画像のデジタル処理を始めました。2001年に EOS D30 でデジタル一眼レフ・デビュー。その後 EOS-1D, EOS-1Ds, EOS-1Ds MKIII, EOS-1D X, EOS 5Ds R とメインカメラを変えながら「風景写真の質感」にこだわった画像処理を日夜研究しています。

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 20151222_01.jpg
  • 5DSR001.jpg
  • 20151024_01.JPG
  • 20150808_01.jpg
  • 20150804_01.jpg
  • 20150725_01.jpg
  • 20150724_01.jpg
  • 20150712_01.jpg

現在使用している機材

    ■カメラ

  • Canon EOS 5Ds R

  • FUJIFILM X30

  • ■レンズ

  • Canon EF16-35mm F4L IS USM

  • Canon EF24-70mm F2.8L II USM

  • Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM

  • Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • Canon EXTENDER EF1.4×III

  • ■その他機材

  • Canon 600EX-RT

  • HUSKY 三段

  • Manfrotto オートマチック一脚 334B

  • Kenko Tokina Zeta EX サーキュラーPL

  • Kenko Tokina Zeta ND8

  • Kenko Tokina PRO1D プロND8

  • Kenko Tokina ハーフND4 PRO

  • GretagMacbeth Eye-One Photo

  • WACOM Intuos Pro PTH-451/K0

  • ■ソフト

  • Canon Digital Photo Professional 4

  • Adobe Photoshop CC 2015

  • Adobe Photoshop Lightroom CC 2015

  • PHASEONE Capture One Pro 8

  • DxO Optics Pro 10

  • DxO FilmPack 5

  • DxO ViewPoint 2

  • Alien Skin Exposure 7

  • Google Nik Collection

  • HDRsoft Photomatix Pro 5

Powered by Movable Type 6.2.4